履歴書・職務経歴書について紹介

履歴書・職務経歴書について記事一覧

採用される履歴書の書き方について。志望動機・退職理由に注意!

転職活動を行う先に、履歴書を書くのは必須ですね。場合によっては、10枚以上書く必要がありますから、正しい書き方を知っておかないといけません。自己流で書いていると、思わぬところで減点される可能性があります。履歴書は採用担当者が最初に目にするものですから、自分の顔となるものです。書類だけで判断されてしま...

≫続きを読む

【保存版】採用される職務経歴書の書き方のまとめ。

職務経歴書とは、自分の職務経験や能力をアピールするためのものです。つまり、自分を売り込むための情報を提供する書類ですね。応募者の情報を詳しく知るために、提出を求める企業が多くなっています。単に職歴を書くだけでなく、自分の持っているスキルや経験を知ってもらうために作成します。これによって、自分の付加価...

≫続きを読む

転職サイトからのスカウトメールを効率よく利用する方法

大手の転職サイトのサービスの中に、「スカウトメール」という機能があります。これは、レジュメに自分の職歴や自己PRなどを記入しておくと、それを見た企業の担当者が面接に来てほしいとメールを送ってくれる機能ですね。企業はあなたの情報を見たうえでメールしてくれるので、書類審査を受けることなく面接へ進むことが...

≫続きを読む

失敗をプラスに変える職務経歴書の書き方

職務経歴書は、応募先の企業に自分を売り込むためのツールです。なので、今までの実績や専門的なスキルがあれば、それをアピールすることができます。しかし、それだけだと強いインパクトを与えることができません。そこで、過去の失敗談を利用して、効果的に自分をアピールすることが重要です。失敗談は基本的に書きたくな...

≫続きを読む

求人情報の実務経験年数が足りない場合の対策とは?

求人情報を見てみると、「実務経験○年以上」という表記を目にすることが多いです。企業ごとに応募条件を指定していて、それに見合った人材を求めているからですね。しかし、こういった表記はすごく曖昧で、経験が少なくても採用される場合があります。なぜなら、経験年数が同じであっても、個人によって能力が変わってくる...

≫続きを読む

求人広告の年齢制限を超えていても応募できる理由

平成19年10月に雇用対策法が改正されて、求人募集において年齢制限を設けることが禁止されました。なので、求人広告などを見ても、「35歳まで」や「30歳以下」といった表現を見ることは少なくなっています。しかし、企業としても欲しい年齢層があるわけですから、遠回しに年齢制限を付けていることが圧倒的に多いで...

≫続きを読む

管理職への転職で気を付けるべき事とは?

30代以上の中途採用の募集においては、リーダーやマネージャーの経験者を求める求人が増えています。管理職としてチームをまとめる役割を行い、管理職としての活躍が期待されているわけですね。過去の実績などが評価されるので、リーダー経験がある人はキャリアアップ転職が期待できるなど将来性の高い案件となっています...

≫続きを読む

面接で評価される志望動機の構成とは?

企業の面接を受けた際に、必ず聞かれるのが志望動機です。なぜその会社に応募したのかという理由なので、企業からすると非常に気になる部分となります。なので、これが直接の採用の決め手になることも少なくありません。逆に言うと、志望動機の説明を失敗すると、不採用になる可能性もあるということです。それほど大切な部...

≫続きを読む

書類選考の通過率を高めるためには?

転職活動で最初のハードルとなるのが、書類選考ですよね。目当ての企業を見つけて書類を送り、担当者に会いたいと思われれば面接へ進むことができます。一般的に、書類選考の通過率は、3割程度だと言われています。なので、10社に書類を送れば、3社くらいは面接へ行ける計算ですね。しかし、応募者の中には、1割も通過...

≫続きを読む

管理職への転職において効果的な自己PRとは?

35歳以上で転職をする場合、管理職としての役割が期待されます。中間管理職としての能力が求められますから、上司と部下の間に立って現場を仕切る必要があります。なので、マネジメント能力やコミュニケーション能力を備えていないといけません。そして、職務経歴書に記載する自己PRにおいても、そういった能力をアピー...

≫続きを読む

こんな転職理由は落とされる!高評価を受ける転職理由を作る3ステップ

転職活動で内定をもらうためには、書類選考と面接を通過しないといけません。過去の経験やスキル、キャリアなどを通して、会社に貢献できるということをアピールするわけです。そして、他に重視されるポイントとして、転職理由がありますね。仕事に対する意識の高さや、長く勤めることができる根気があるのかなど、ビジネス...

≫続きを読む

スキルが足りない求人へ応募するときのポイント

転職活動を行う時に、全くの異業種へ転職をすることがあると思います。または、同業種であっても、未経験の職種を志望することもあるでしょう。そういった場合だと、スキルや経験の不足を理由として、書類審査で落とされてしまうことがあります。しかし、未経験の仕事であっても、過去の経験を上手く生かすことで効果的にア...

≫続きを読む

採用担当者の心に響く履歴書の書き方

学生時代のアルバイトや就職などで、履歴書は誰でも1度は書いたことがありますよね。フォーマット通りに記入するだけで書類を作ることができますが、採用担当者の心に残るような履歴書を書くのは難しいです。他の応募者と差をつけるためにも、しっかりとポイントを押さえるようにしましょう。書類審査の通過率も変わってく...

≫続きを読む

自分の魅力を伝える自己PRの書き方とは?

企業へ送る応募書類を作成するときに、自己PRをどうするかで悩む人は多いでしょう。自己PRは必須ではありませんので、別に書かなくても構いません。しかし、ちゃんと記入することで、プラス評価になることもありますから、インパクトのあるアピールをしたいですよね。採用担当者の中には、自己PRで人間性を判断する人...

≫続きを読む

転職活動で内定を取るための志望動機の書き方

中途採用では、新卒と比べて違ったポイントが注目されます。職務経歴や志望動機が重要視される傾向にありますから、よく考えて応募書類を作成しないといけません。特に、ちゃんと企業研究をしているかどうかは、志望動機を見ればよく分かります。なので、的を得た志望動機でなかったら、書類選考で落とされる可能性が高いで...

≫続きを読む

応募書類の質を決める3つの要素とは?(自己PR・志望動機・転職理由)

企業への応募書類を作成する際に、最も悩むところが自己PRや志望動機、転職理由についてですね。この3つは、誰もが1度は悩んだことがあると思います。実際、面接へ進んでも深く突っ込まれるところですから、ちゃんと考えておかないと答えに詰まってしまいます。しかし、慣れていないと、なかなか難しかったりしますよね...

≫続きを読む

読みやすい職務経歴書の構成とは?

転職活動をするときに、一番最初にぶち当たるのが書類選考の壁ですね。ここで連敗してしまう人も多く、なかなか面接へ進めないことがあります。面接まで行かないとどうしようもありませんから、選考に通る書類を作らないといけません。それには、読みやすい構成や表現方法などに注意を向ける必要があります。少しポイントを...

≫続きを読む

書類選考で落ちる書類の特徴とは?書類審査を通過できる職務経歴書の書き方

書類選考で何度も落ちてしまう人は、書き方に問題があるかもしれません。本人も気づかない単純なミスのせいで、書類選考に落ちることは多いようです。ちゃんとポイントを押さえて書かないと、読まれない可能性もあるので注意しましょう。特に、つまらないミスで落ちてしまうのは、非常にもったいないです。長い時間をかけた...

≫続きを読む

自分のアピールポイントを見つけるコツ

職務経歴書には、自己PRの欄があります。そこに、自分が強みだと思っていることを書いて、他の応募者と差別化を図らないと書類選考を通過することは出来ません。しかし、自己PRを迷いなく書ける人は、かなり少ないと思います。「アピールできるものが無い」と、感じている人もかなり多いでしょう。なので、しっかりと自...

≫続きを読む