求人広告の年齢制限を超えていても応募できる理由

求人広告の年齢制限を超えていても応募できる理由

このエントリーをはてなブックマークに追加  

平成19年10月に雇用対策法が改正されて、求人募集において年齢制限を設けることが禁止されました。なので、求人広告などを見ても、「35歳まで」や「30歳以下」といった表現を見ることは少なくなっています。

 

しかし、企業としても欲しい年齢層があるわけですから、遠回しに年齢制限を付けていることが圧倒的に多いです。たとえば、社員の平均年齢を記載したり、「20代が多く若い世代の職場です」といった文言を書いていたりします。

 

こういった年齢に当てはまらない人でも、応募を諦めるのは待ってください。しっかりと自分をアピールすれば、内定をもらえる可能性はありますよ。

 

なぜ、企業は年齢制限を設けるのか?

 

どの企業でもそうですが、基本的に若い年齢層の人材を欲しがっています。なので、何かしらの年齢制限を設けているわけです。年齢を制限することで、企業としてはメリットがあるからですね。

 

具体的には、以下のようなメリットがあります。

 

  • 若い人材ほど人件費が安くなる
  • 年上の部下は扱いにくい

 

実力重視の企業が日本でも増えてきましたが、それでも年功序列の風習は根強く残っています。なので、年齢が高いほど給料も高くなりがちですね。ですから、採用をする場合においても、コストを下げるために若い人材を雇う企業が多いです。

 

若い人材の方が体力がありますし、支払う給料も少なくなるので、企業としても都合が良いわけです。なので、同じようなスキル持った応募者が複数いた場合、年齢が若い方が採用される確率が高くなります。

 

また、年齢が高い中途採用者だと、管理職の人間が困ることがあります。年上の部下を持ってしまうと扱いにくいですし、仕事が円滑に回らなくなるからですね。

 

以上のような理由から、年齢制限を設けている企業が多いということです。

 

 

ただ、先述の通り、求人広告で年齢制限を記載することは禁止されています。ですから、遠回しな表現を使って、年齢を絞っているわけですね。

 

 

例外的に年齢制限が認められるケース

 

特別な目的の求人に対しては、明確に年齢制限を記載しても良いことになっています。それが、以下の6つのケースですね。

 

  1. 定年年齢を上限として、その上限年齢未満の労働者を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合
  2. 労働基準法等、法令の規定により年齢制限が設けられている場合
  3. 長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合
  4. 技能・ノウハウの継承の観点から、特定の職種において労働者数が相当程度少ない特定の年齢層に限定し、かつ、期間の定めのない労働契約の対象として募集・採用する場合
  5. 芸術・芸能の分野における表現の真実性等の要請がある場合
  6. 60歳以上の高年齢者または特定の年齢層の雇用を促進する(国の)施策の対象となる者に限定して募集・採用する場合

 

引用:労働政策研究・研修機構

 

よく見られるのが、3番のケースですね。

 

長期雇用で人材を育成する目的であれば、年齢制限を設けても良いことになっています。主に、新卒や第二新卒が対象となるものですが、中途採用でも「35歳まで」や「30歳以下」などと明記して募集している企業が多いです。

 

こういった企業へ応募する際にも、年齢制限を超えている人が採用されるケースはあります。年齢制限というのは大まかな目安にすぎませんから、厳密に守る必要はないということですね。自分の強みを打ち出すことができれば、多少の誤差なら不問にしてくれるでしょう。

 

⇒求人の応募要件を満たさなくても採用されるケース

 

 

年齢制限を超えての転職を成功させるには?

 

先述の通り、年齢制限を超えると転職は無理かというと、そんなことはありません。年を取っていても自分の強みを的確にアピールできるのであれば、企業からも必要とされるわけです。なので、ちゃんと対策をすれば、転職にも成功できるでしょう。

 

以下で、具体的な対処法を紹介します。

 

 

年齢制限を超えているとき

 

年齢を超えていても、それに見合ったキャリアやスキルを持っていれば、採用される場合があります。ですから、今までの実績を提示して、自分がどれだけ会社に貢献できるかをアピールしてみてください。

 

他の応募者よりも、プラスアルファで何かを提供できるなら、企業も喜んで採用してくれるでしょう。なので、自分の強みを明確にして、志望動機などで伝えるようにしてください。

 

 

30歳以上の転職の場合

 

30歳を超えてくると、その業界の専門的なスキルが要求されます。つまり、即戦力として活躍できるかが重要だということですね。なので、20代の応募者と差をつけるためには、管理職としての活躍も踏まえてスキルをアピールすることです。

 

今から即戦力として働きつつも、将来的にはマネージャーとしても働ける人材ということですね。こういったスキルをアピールできれば、企業側も採用しやすいと思います。

 

 

35歳以上の転職の場合

 

35歳以上だと、管理職としての活躍が期待されます。なので、自分のマネジメントスキルをアピールするようにしましょう。小さなチームでも良いので、リーダー経験などがあれば有利だといえますね。

 

また、即戦力として動ける専門スキルなども必要となります。40歳を超えてからの転職は厳しくなるので、35歳以上は転職の最後のチャンスだといえます。なので、今までのキャリアを前面に出して、採用担当者にアピールしてください。

 

 

 

以上のように、求人広告の年齢制限は、絶対的な決まりではないということです。結局は、年齢に応じたキャリアやスキルがあれば良いわけなので、今までにどんな経験をしてきたかが重要となります。

 

相応のスキルがあれば、年齢を問わず転職は難しくないと言えるでしょう。また、「転職に適した年齢はいつなのか?」も参考にしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加