退職後の手続きについて紹介

退職後の手続きについて記事一覧

退職後の健康保険の切り替え手続きについて解説

会社を退職したら、やるべき手続きがいくつかあります。それは、「社会保険」や「税金」の手続きですね。すでに転職先が決まっているのであれば、そちらの会社で手続きをしてくれるので問題ありません。しかし、しばらく無職の状態が続くのであれば、自分で手続きをする必要があります。そうしないと、保険による恩恵を受け...

≫続きを読む

退職後の年金・税金の手続きについて

会社に勤めている間は、年金や税金の支払いなどは会社がすべてやってくれていました。退職してすぐに転職する場合には、転職先が全ての手続きをやってくれるはずです。しかし、すぐに再就職しないのであれば、それらをすべて自分で行わなければいけません。早めに手続きをしておかなければ、将来的に年金を受け取れなかった...

≫続きを読む

国民年金の保険料を免除してもらう方法とは?

会社を辞めて失業期間がある場合、年金の手続きをする必要があります。会社員であれば厚生年金に加入しているはずですから、そこから国民年金への切り替え手続きをする必要があるわけです。ただ、無職の期間が長くなると、年金の保険料を支払うことが苦しくなると思います。収入が無い状態では生活費を節約しないといけない...

≫続きを読む

雇用保険の給付ついての解説。受給資格・加入条件など

退職後に次の職場が決まっていない場合、雇用保険の給付を受けることができます。雇用保険とは、失業者の生活の安定を目的として一定の額が毎月支給される制度のことです。これを受けることができれば、安心して求職活動を行うことができるようになります。ただし、誰でも給付されるわけではありません。一定の条件を満たす...

≫続きを読む

雇用保険に未加入の会社でも失業給付をもらう方法

雇用保険とは、失業中の生活費の心配を無くして、転職活動に集中することができるように給付金を支給してもらえる制度のことです。毎月の保険料を会社と本人とで分担して支払う仕組みとなっており、会社員は健康保険や厚生年金などと一緒に給料から天引きされています。社員を雇っている会社は必ず加入する義務があり、未加...

≫続きを読む

アルバイト、パート、派遣社員でも、失業給付金はもらえるのか?

失業給付金は、正社員だけの特権ではありません。バイトやパート、派遣社員であっても、雇用保険の加入資格を得ることができる場合があります。条件さえそろえば、だれでも加入できるものですからチェックするようにしてください。・派遣社員の適用条件1ひとつの派遣事業先に1年以上の雇用が見込まれる場合ひとつの雇用期...

≫続きを読む

面接後のお礼状の書き方について。例文なども紹介します。

志望する企業の面接が終わると、ホッとしますよね。今まで入念に準備をしていたのであれば、終わった時には力が抜けると思います。しかし、転職活動は面接が終わった後でも、気を抜いてはいけません。面接後の対応なども、採用担当者は見ている可能性があります。特に、他の応募者と同じようなスキルだった場合、面接後の対...

≫続きを読む

内定から入社までの全体的な流れを理解しよう

最終面接が終了して、内定をもらうことができたら安心しますよね。でも、そこで転職活動は、終わりではありません。複数の企業の内定があるのなら、入社する企業を決める必要があります。そして、他の企業へは内定辞退をするなどの対応が必要です。さらに、今の会社の退職手続きや新会社の入社手続きなど、やることが非常に...

≫続きを読む

退職するときの挨拶状の書き方について。例文なども紹介中。

退職することが決まったら、「挨拶状」の作成の準備をしましょう。今までお世話になった人へ送るものですので、しっかりと準備をしておいてください。退職日の直前になると忙しくなりますから、前もって文面を考えたり発送先のリストなどを作成します。波風を立てずに円満に退職するためには、挨拶状の送付は必須だといえま...

≫続きを読む

中途採用者の初出勤で意識するべき3つのこととは?

転職活動をして内定が決まると、すごく嬉しい気持ちになりますよね。自分のやりたい仕事が実現できたり、目指すべき方向へ行くことができると、キャリアアップにもつながるはずです。でも、嬉しさと同時に、色々な不安が襲ってくると思います。「ちゃんと馴染めるだろうか」「うまく仕事ができるだろうか」など、入社日が近...

≫続きを読む

一日でも早く職場に溶け込むための方法とは?

新しく入社したばかりの会社だと、早く職場に溶け込むために必死になりますよね。特に、新人の場合だと、一つ一つの行動が目立ってしまいます。なので、些細なことで人間関係が悪くなる可能性もあるので、注意が必要です。なので、入社後3か月程度は、自分の言動に注意するようにしてください。既存社員に配慮した行動をす...

≫続きを読む