絶対に後悔しない!転職を成功させるための秘訣とは?

絶対に後悔しない!転職を成功させるための秘訣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職活動においては、応募先選びから面接の対策までやるべきことが非常に多いです。それぞれのプロセスを正しい方法で実践しなければ、自分の理想とする会社から内定をもらうことはできません。

 

その人自身が評価される場ですから、求人企業に対するメリットを提示する必要があります。失敗して後悔することの無いように、適切に自分をアピールできる方法を知っておいてください。

 

ここでは、転職を成功させるための秘訣を紹介していきます。

 

絶対に後悔しない!転職を成功させるための秘訣とは?

 

転職において後悔する人は多い

 

転職サイト「DODA」の発表によると、2016年10月の求人倍率は2.51倍となっています。求人数は23ヶ月連続で最高値を更新しており、転職市場はかなり活性化しているといえますね。

 


10月の求人倍率は2.51倍となり、求人数、転職希望者数ともに調査開始以来の最高値を更新しました。

 

転職希望者も、年明けに新天地に移ることを目標にして活動を始める人が増えたため、転職市場はこれまで以上に活発になっています。

 

引用:転職求人倍率レポート(2016年10月)

 

求人数が増え続けているわけですから、転職を考えている人にとっては選択肢が広がっていることを意味します。転職者の平均年齢も32.3歳となっており、30歳を過ぎての転職も難しくないといえるでしょう。

 

 

ただし、転職市場が活発だからといって、転職に成功できるとは限りません。

 

エン・ジャパンが行ったアンケートによると、30歳以上の転職者の80%が後悔しているという結果が出ています。さらに、その内の75%の人が、再度転職を考えているということでした。

 

今よりも好条件で転職したいと思っても、実際には「年収が下がった」「労働時間が長くなった」などの不満が出てくるわけです。

 

そうなることの無いように、しっかりと応募先の企業を見極めて、面接での適切なアピールをする必要があります。

 

転職に失敗する人にありがちなパターンとは?

 

 

転職に成功している人の6つの特徴

 

主体的に行動している

 

転職活動が上手くいく人は、とにかく行動力があります。誰かに指示されるわけでもなく、自分から積極的に動いていることで良い求人と出合うことができるわけですね。

 

求人票の内容だけでは詳しい企業の内容が分かりませんから、実際に会社へ訪問してみたり、その企業で働いている人にコンタクトを取る人もいます。こういった労力を惜しまない人は、自分の理想に近い転職をすることができるでしょう。

 

求人情報は絶えず新しいものが出てきますから、自分から探していかないと良い企業と出合うことはできません。何事にも及び腰の姿勢だと、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

 

思い立ったらすぐ行動ですから、今日から動き出してみてください。

 

 

客観的に語れるスキルや経験を持っている

 

異業種や未経験の職種への転職だとしても、これまでのスキルや経験を活かせるように工夫することが大切です。自分の今までのキャリアを活かせないのなら、それは意味のある転職とは言えません。

 

たとえば、接客業から営業への転職だとしたら、コミュニケーション能力を活かすことができるでしょう。高級車の販売から不動産への転職では、富裕層の方への対応力などをアピールできますよね。

 

転職に成功している人は、今までのキャリアを上手くアピールすることができています。売り上げの数値や成果物などを提示して、客観的に評価できるようにしているのもポイントです。

 

その企業に対して貢献できることを示さないといけませんから、スキルや経験を客観的に語れるというのは大切なことですね。

 

 

退職しないで転職活動を行っている

 

今の会社で働きながら転職活動をした方が、成功確率は高くなる傾向にあります。収入が無くなる心配がないので、余裕を持って活動することができるからですね。もしも良い求人がないのであれば、転職しないという選択もできます。

 

一方、会社を辞めてしまったら、収入が無くなるので経済的な余裕を持てません。気持ちも焦ってしまうため、早く決めようとして待遇の悪い会社で妥協してしまうことさえあるわけです。

 

納得のいく転職をするためには、精神的なゆとりが大切となります。順調にキャリアを積み重ねている人は、退職せずに転職活動をしていることが多いです。

 

会社を辞めてからの転職活動は危険!

 

 

明確な退職理由を持っている

 

転職を決意するのは、現在の会社に対して不満を持っているということですよね。人間関係や待遇、仕事内容など、色々な理由があるでしょう。この退職理由が明確なほど、転職に成功しやすくなります。

 

なぜなら、今の会社の退職理由が、次の会社の志望理由になるからです。今の不満が解消されるのであれば、それは転職の成功だといえますよね。なので、会社を辞める理由を、はっきりと頭の中に意識しておかないといけません。

 

転職で失敗する人ほど、なんとなく会社を辞めてしまっています。不満が漠然としたままで転職活動をしているから、自分が何を求めているのかが分かっていないわけです。

 

それだと、転職をしたとしても、また同じような不満を持ってしまうでしょう。なので、自分の中で明確な基準を作っておくことが望ましいです。

 

 

妥協できる条件がハッキリしている

 

転職をする上では、すべてにおいて高条件を求めてしまいがちですよね。やりたい仕事ができて、給料が高くて、休日出勤が無くて・・・と、何でも欲張りになってしまいます。

 

でも、そんなに条件の良い求人は無いでしょうし、あったとしても競争が激しすぎて内定をもらうことは難しいです。

 

転職に成功する人は、妥協できる条件を明確に定めています。たとえば、「手取りで30万円以上なら、残業が多くても構わない」とか、「マーケティングの仕事ができるなら、給料はいくらでも良い」といったことですね。

 

つまり、「求める条件」と「求めない条件」を、明確に区別しているということです。

 

これができていれば、求人選びもスムーズにいきますし、ミスマッチングを防ぐことにもなるでしょう。

 

 

人とのつながりを大切にしている

 

普段から色々な人と関係性を築いている人は、転職においても良い結果を残せる可能性が高いです。コミュニケーション能力は、どんな業種にも共通して求められる能力だからですね。

 

特に、30歳を過ぎてからの転職の場合、年下の先輩なども多くなるので、人当たりの良さが大切となります。面接ではコミュニケーションを重視している企業も多いですから、会話力を磨いておいて損はないでしょう。

 

また、知り合いからの紹介で、転職が決まる機会も少なくありません。勉強会などに参加して社外の人間と親しくなっておけば、特別なチャンスが巡ってくる機会も多くなります。

 

社会は人とのつながりですから、人付き合いが得意ならメリットはたくさんあるはずです。

 

 

6つの基準があれば、理想的な求人と出合える!

 

経営状態が良い会社を選ぶ

 

転職するのであれば、やはり経営状態に優れた会社を選ぶべきです。長く勤めれば昇給や昇格のチャンスがありますので、やりがいがあります。大手の上場企業だとIR情報が公開されているので、経営が上手くいっているかどうか分かりますよね。

 

しかし、中小企業だと、外側からは実態が見えにくいものです。なので、取引先の情報などを調べるようにしてください。大手の有名企業と多く取引している会社であれば、信頼性が高くて市場での優位性もあるということです。

 

ですので、どんな会社と取引しているかという視点で、会社選びをしてみましょう。

 

 

企業風土が自分と合っているか

 

その会社の社風や理念などが、自分と合っているかも重要な要素です。会社のホームページなどを見て、経営理念などに目を通してください。そこに、社会的価値があって共感できるものが無いのであれば、応募はしないほうが良いでしょう。

 

また、面接に進む過程で、社員の言動などにも注目してください。これから一緒に働くかもしれない人ですから、自分との相性などもチェックすることが大切です。

 

 

希望する給与と必要最低金額を計算する

 

生活をするための仕事ですから、給与については重要な要素ですよね。なので、転職によって、どれだけの給与を希望するのかを明確にしないといけません。内定後の条件交渉で話し合うことになるので、具体的な数字を持っておきましょう。

 

また、必要最低限の収入も計算しておいてください。毎月の生活費や将来の貯金などを考慮して、絶対に必要な金額を出すということです。そうすれば、条件交渉の際の譲歩ラインが見えてくるので、スムーズに交渉することができます。

 

特に、転職時の初年度は年収が下がりやすいので、どこまで妥協できるかを決めておいてください。

 

 

専門性を活かせる仕事を選ぶ

 

自分の専門性を発揮できる仕事を選択するのも、転職を成功させるうえで大切なことです。特に、30歳以上の転職の場合だと、即戦力が要求されます。なので、自分の持っているスキルを、アピールできる職種を選択しないといけません。

 

また、全くの異業種であっても、これまでのスキルを活かせるかどうかを考えてください。

 

過去の経験につながる仕事を選ぶことで、キャリアを積み上げることになります。自分の専門性を高めていけば、将来的にキャリアアップにも繋がっていくはずです。

 

 

現実的な範囲での勤務地や通勤時間

 

意外と忘れがちなのが、勤務地や通勤時間についてです。自宅から楽に通える範囲でなければ、長く続けることができません。賃貸マンションなら引っ越せばいいだけですが、持ち家の場合だと簡単に移動できませんよね。

 

遠くても、自宅から1時間半くらいが現実的な距離でしょう。それ以上になってくると、体に対する負担が大きくなってしまいます。

 

また、転勤があるかどうかも確認してください。全国に支店があるような企業だと、頻繁に転勤をすることになるかもしれません。家族がいるのであれば、その際の対応についても話し合っておく必要がありますね。

 

 

妥協できるポイントを明確にする

 

転職に成功する人の特徴でも説明しましたが、自分の中で妥協できる条件を持っておくことが大切です。全てにおいて完璧な求人はありませんから、何を満たしたいのかをハッキリさせておいてください。

 

  1. 絶対に譲れない条件
  2. できれば満たしたい条件
  3. 満たさなくてもいい条件

 

以上のように、優先順位を付けておくのが望ましいです。

 

これを明確にしておけば、応募するべき求人を素早く見つけることができます。求人情報は膨大にありますから、自分の中に基準がないと選ぶことができません。

 

また、内定後の条件交渉の際にも、スムーズに交渉することができるはずです。面接官の圧力に負けて、不利な条件になってしまうことも無いでしょう。

 

 

面接の役割を理解すれば、突破するのは難しくない

 

一般的に、転職時の面接は2回行われることが普通です。3回以上になる会社もありますが、大抵の場合は2回ですね。

 

最初の1次面接では、転職理由や志望動機、スキルの確認などが行われます。ここで6〜7割くらいの人が落とされるので、適切に自分をアピールできるようにしないといけません。

 

特に、転職理由と志望動機の一貫性は、非常に重要です。ここに矛盾があると、まず間違いなく落とされてしまうでしょう。そして、今までの実績を具体的に説明して、どれだけ貢献できるのかを示すことも大切です。

 

内定をもらうための面接対策

 

 

そして、2次の最終面接でチェックされるのは、その人の人物像です。専門スキルなどは最初の面接で評価しているので、それ以外の部分が見られています。具体的には、その会社の社風や価値観に合致するかどうかですね。

 

それと、コミュニケーション能力や将来のビジョンなどです。その人の専門性以外の部分が見られるわけなので、頼りがいのある人物だと思われるように自分をアピールしましょう。

 

 

転職で成功するならエージェントを使うべし!

 

転職をする場合、転職サイトなどの公募型の求人で応募する場合と、転職エージェントなどの紹介会社を使う場合の2つのパターンがあります。ここでおススメするのが、エージェントを活用するものです。

 

転職エージェントでは、非公開求人を大量に保有しています。これは、一般公開されていない求人なので、転職サイトよりも条件が良い内容になっているわけですね。

 

また、専門のキャリアアドバイザーが付いてくれるので、色々な会社の内情を詳しく教えてくれます。さらに、各業界の動向などにも精通していますから、自分のキャリアの相談をすることもできます。

 

自分一人で転職活動するよりも、圧倒的に有利になることは間違いありません。転職に成功したいのであれば、いくつかのエージェントに登録することをおススメします。

 

転職エージェントの人気ランキングはコチラ

 

 

 

以上、転職で成功するための秘訣を紹介しました。周りの人間と差をつけることができるように、しっかりと意識をしておいてください。自分の一生を左右する重要なことですから、忘れないようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加