円満退社する方法について

円満退社する方法。退職理由なども明確にしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

会社を辞めるときには、必ず円満退社でないといけません!どんな原因があったとしても、ケンカ別れのような形で辞めないようにしてください。なぜなら、転職した後に人事担当が今の会社に問い合わせることがあるからです。

 

その時に、色々と悪口などを言われてしまったら、今の会社で居辛くなってしまいますよね。特に、同じ業界での転職などであれば、噂は思った以上に広まりやすいものです。

 

なので、出来るかぎり波風を立てない方法で、退職をするようにしてください。

 

まずは、会社の規約をしっかりと確認して、規定通りのやり方で上司に退職を報告するようにしましょう。一般的に、一カ月以上前に報告するのがマナーですね。十分な余裕を持って、報告してください。

 

あなたの退職は、周りの上司や同僚、取引先などに、少なからず迷惑がかかるものです。なので、円滑に引き継ぎなどが出来るように、時間の余裕は持っておくようにしてください。

 

 

トラブルにならない退職理由とは?

 

会社を辞める時に一番困るのが、「退職理由」についてですよね。何も考えずに退職しようとしても、引き止められてしまう可能性が高いです。

 

また、辞められたとしても、転職面接で退職理由が不適切だと判断されると落とされてしまうでしょう。

 

なので、しっかりとした退職理由を考えないといけません。

 

 

退職理由において最も重要なのが、「正当性があるか」ということです。

 

「人間関係が嫌だから」などの理由だと、「転職しても同じじゃないの?」と言われたらそれまでですよね。

 

そのため、上司に納得してもらうためにも、正当性のある退職理由を伝える必要があります。

 

 

ダメな例としては、「給料が低い」「残業が多い」などのネガティブな理由を挙げることです。

 

こういった理由を出してしまうと、単なる逃げだと判断されてしまって印象が悪くなります。次の職場を探すときにも不利になるので、出来るだけ避けるようにしましょう。

 

 

そこでおススメするのが、向上心のある退職理由を掲げることです。

 

  • もっと専門性の高い仕事がしたい
  • 今以上に自分のスキルを生かしたい
  • 新しい分野にチャレンジしたい

 

こういった理由を出すことができれば、上司としても引き止めることができません。

 

「この会社では成長できない。だから、新しい場所で勝負したい」といった流れで、退職理由を説明するわけです。

 

自分の向上心を伝えることで、上司も応援してくれるでしょう。

 

たとえ、ネガティブな理由で会社を辞めるとしても、建前はポジティブに言い換えるようにしてください。そうすれば、転職面接でも有利に進めることができるはずです。

 

退職理由の言い換えについては、「面接で好印象を与える転職理由とは?」を参考にすると良いでしょう。

 

 

退職までの流れ

 

まずは、退職までの流れを簡単に抑えておきましょう。
前もって流れを知っていれば、後で迷ってしまう心配はありません。

 

  1. 退職の計画を立てる
  2. 上司への報告
  3. 退職届の提出
  4. 引き継ぎ、残務処理など
  5. 退職

 

上記のような、スケジュールとなっています。
周りに迷惑をかけないためにも、頭に入れて行動をするようにしてください。

 

 

1.退職の計画を立てる

 

最初に、転職の計画を立てます。まずは、自分が志望する業界や企業の難易度を考慮して、転職にどれくらいの期間が掛かるのかを考えましょう。場合によっては、新しい資格などを取得した方が良いかもしれません。

 

そして、重要になってくるのが、「転職活動の時期」に関することです。転職活動を在職中に行うのか、退職後に行うのかで、迷っている人も多いと思います。どちらにも、メリットとデメリットがありますから、それをしっかりと理解するようにしてください。

 

 

在職中の転職活動

 

仕事をしながら転職活動をする場合、一番の問題点は時間を捻出できないということですね。仕事がありますから、企業研究であったり面接に行ったりする時間を、なかなか用意することが出来ません。

 

拘束時間が長い仕事だったら、非常に困ってしまいますよね。なので、この辺の時間管理に関しては、上手くやらないといけません。有給休暇などを利用する人もいますし、途中で仕事を抜け出して面接に行く人もいます。時間の管理を、上手に行うことがポイントですね。

 

 

退職後の転職活動

 

これは、お金の問題がネックになるでしょう。仕事を辞めてしまえば、収入が無くなることになります。また、自己都合退職の場合だと、雇用保険は4か月先でないと受けることが出来ません。

 

しかし、税金や保険料が掛かってしまいますし、家賃や光熱費などの生活の費用も支払う必要があります。なので、ある程度の貯金が無いと苦しくなりますね。退職後、すぐに仕事が決まれば問題ありませんが、そうでないのであれば経済的に貧窮するリスクは高くなるでしょう。

 

ただ、時間に余裕がありますから、好きなように転職活動が出来るというメリットもあります。なので、時間的なメリットを利用して、早めに転職先を見つけることが大切ですね。

 

 

以上のように、転職活動は在職中と退職後で、メリットに違いがあることが分かります。これらを理解したうえで、自分の今後のスケジュールを立てるようにしてください。

 

下記で、双方のメリット・デメリットをまとめています。参考にしてください。

 

退職後の転職活動 在職中の転職活動
メリット
  • 複数の会社の面接にも対応できる
  • 雇用保険を受けることができる
  • 収入があるので余裕がある
  • 時間をかけてじっくり選択できる
デメリット
  • 収入が無くなる
  • 早く決めたいので妥協しがち
  • 良い情報があってもすぐに対応できない
  • 早期出社が出来ないので選考が不利になる

 

また、「転職のタイミングはいつが良いのか?」も参考にしてください。

 

2.上司への報告

 

退職の意志を固めたら、上司に報告をしないといけません。すんなりと受け入れてもらえる場合は良いのですが、退職届を提出するときにトラブルに発展することもあります。なので、出来るかぎり早めに報告することを意識してください。

 

まず、時期についてですが、繁忙期は避けるようにしましょう。忙しい時に自分が抜けることになると、会社に大きな迷惑が掛かることとなります。

 

伝えるタイミングですが、法律上であれば退職日の2週間前に報告で良いという決まりがあります。ただし、会社の就業規則などで退職ついての取り決めなどがあれば、それに従うようにしてください。引き継ぎなどを考えると、退職日の1か月前までに報告するのが理想的ですね。

 

 

また、上司よりも先に同僚に退職を伝えるなども、避けた方が良いです。上司に伝える前に社内で噂になると、話がスムーズにいかなくなる可能性があります。退職交渉がややこしくなる可能性がありますから、順序は正しく守るようにしてください。

 

伝え方としては、勤務時間外に「相談があるのですが」という形で、話を切り出すようにしましょう。軽い感じではなくて、自分なりに考え抜いて出した結論だということを伝えるのがポイントですね。

 

その時に、会社への不満などは言わないでください。円満に辞めるためには、心情を悪くしない方が賢明です。さらに、転職先についても、明かさないほうが良いでしょう。余計な情報を伝えてしまうと、転職後にトラブルになるかもしれません。

 

 

また、上司にもいくつかのタイプがあります。
それぞれに対処法が変わってくるので、覚えておくようにしましょう。

 

 

1.脅迫型

 

「辞めたら損害賠償を請求する」などと、脅しをかけてくるタイプです。こんな人はめったにいませんが、もし巻き込まれてしまった場合には、事務的に淡々と対処しましょう。

 

民法第627条第1項において、「解約申入れの日から2週間が経過すれば,雇用契約は自動的に終了する」と規定されています。退職の意志を伝えれば、辞められないということはありませんので、毅然とした対応をすることが大切です。

 

 

2.お願い型

 

「お願いだから、辞めないでくれ」という形で、泣き落としで引き留めようとしてくるタイプです。今までお世話になった恩がありますから、こう言われてしまうと断りづらくなりますよね。

 

しかし、自分の人生なわけですから、選択は自分でしましょう。情に流されて、やりたいことが出来ないというのはもったいないです。我が道を進むために、辞める必要があるのであれば、しっかりと説明して辞めるようにしてください。

 

 

3.譲歩型

 

「不満があるなら、改善するから残ってくれ」と、こちらの言い分を聞いてくれるタイプです。これで、自分の不満が解消されるのであれば、残留することも選択肢としてアリでしょう。話せば分かってくれる上司だと思いますから、自分の納得のいくまで話し合うことをおススメします。

 

ただし、昇給などの条件が提示されても、一時的にすぎない場合があります。その後の昇給が止まってしまう可能性がありますから、目先の利益に捉われないことが重要です。何のために転職をするのかを思い出して、自分の目的を最優先させるようにしましょう。

 

 

 

以上のように、上司のタイプに合わせて説得方法も考えるようにしてください。説得をされると、自分の気持ちが揺らいでしまうことがあるかもしれません。しかし、自分のキャリアのために転職が正解なのであれば、潔く辞めるべきです。

 

また、退職後に色々な縁があって、前の会社の人間と繋がることもあり得ます。なので、大きな揉め事を起こさずに、出来るだけ穏便に話し合いを進めるようにしてください。円満退社のためには、上司との話し合いが不可欠です。なので、しっかりと対話するようにしましょう。

 

 

3.退職届の提出

 

上司に退職の意向を伝えたとしても、退職届を提出する必要があります。口約束だけでは手続きが成立しませんので、書類として提出しないといけないわけです。そうしなければ、会社としても発表が出来ません。

 

退職届には、決められた書式がありますので、それを守るようにしてください。

 

 

  1. タイトルは、「退職願」とする。辞表や退職届などは、避けましょう。
  2. 書き出しは、「私事」とする。
  3. 退職理由は、「一身上の都合」とする。具体的な理由は書かない。
  4. 退職予定日を記入。
  5. 正式な部署名を記入する。社内の略語などは使わない。
  6. 印鑑を忘れずに。
  7. 宛名は社長宛にする。

 

 

4.引き継ぎ、残務処理など

 

円満退職をするためには、引き継ぎや残務処理は欠かせません。自分が辞めた後に職場が混乱しないように、最後まで責任を持って行うようにしてください。退職日の1週間前までには、すべての業務を引き継げる状態にしておきましょう。

 

引き継ぎをしっかりとやらないと、今までの信頼を失うことになります。ですので、不備の無いように準備をしなくてはいけません。具体的には、以下のような手順で行うと良いです。

 

スケジュールの作成

 

退職日までに引き継ぎが完了するように、スケジュールを組みます。滞りなく作業が完了するように、具体的なスケジュールに落とし込んでください。場合によっては、残業や早出をする必要があるかもしれません。体力的に辛くなるかもしれませんが、自分の業務ですから責任を持って行うようにしましょう。

 

 

資料の作成

 

自分の作業の進捗状況や簡易マニュアルなど、後任が一目で把握できるように資料を作成しましょう。顧客のサポートなどを行っているのであれば、それぞれの顧客ごとのデータなども分かるようにしておきます。

 

また、今までの取引先を回って、退職の挨拶や後任の紹介などをする必要もあります。

 

 

連絡先を伝える

 

退職後に問題が起きた場合、いつでも連絡できるように連絡先を伝えておきましょう。何かトラブルが起きた時でも、迅速に対応できるようになります。

 

 

5.退職

 

退職日当日にも、やるべきことはたくさんあります。まず、いつもよりも早めに出社をして、自分のデスクやロッカー周りを掃除するようにしましょう。また、会社から貸与された備品などは、デスクの中に入れておきます。さらに、社内の機密データなどは、上司に確認をして抹消や保管を行うようにしてください。

 

会社に返却するもの
健康保険被保険者証 身分証明書
社員証
名刺 -

 

会社から受け取るもの
雇用保険被保険者証 年金手帳
源泉徴収票 離職票

 

そして最後に、今までお世話になった方たちに挨拶をしましょう。

 

以上で、退職に関する一連の流れが終わりです。やることが多くて混乱してしまうかもしれませんが、円満退職をするためには欠かすことが出来ません。余計なトラブルを起こさないためにも、しっかりと行うようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加