スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

文章力をつけるための6つのコツとは?

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-26_9-26-42_No-00

仕事やプライベートに関わらず、文章を書く機会は多いですよね。そして、メールやチャットなどが普及しているので、文章力の重要性はますます増えています。だから、自分の考えを的確に伝えられるスキルを身に付けておく必要があります。

文章力が低いと、誤解を招いてしまったり、言いたいことが伝わらないという状況となります。ですから、日頃から文章力を高める努力をしないといけませんね。話を上手くまとめられるようになるので、思考力などのアップにも最適です。

ここでは、文章力を高める秘訣を紹介します。

スポンサーリンク

文章力を磨くメリット

論理的に考えを伝えられる

情報の伝達手段として、文章は確実な手段です。だから、ビジネスの場面では、論理的な構成で書くことが求められます。なので、これを繰り返していると、自分の考えを論理的に組み立てることができるようになります。

誰かを説得する時や何かを証明するときに、的確に言葉を選ぶことができますから、コミュニケーション力がアップしますね。単純に、頭が良くなりますので、論理的な文章が書けるように訓練をしましょう。

 

人間関係が良くなる

先述したように、文章力が上がると自分の考えを的確に伝えられるようになります。だから、変な誤解を生むことも無く、トラブルを少なくすることが可能です。また、相手の話の理解度も高くなりますから、正しく気持ちを理解することができます。

そうすると、相手に共感できるようになるので、信頼関係も作りやすいですね。家族や友達、同僚など、関わる人全てと良好な関係が築けるわけです。プライベートや仕事面で、役に立つことが多いでしょう。

 

業務の効率がアップする

仕事では、業務日誌や報告書などを書くことが多いですよね。こういった作業は、意外と時間が掛かってしまうものです。しかし、文章力が高い人は、素早く内容をまとめられるので短時間で終わらせることができます。

なので、他の仕事に時間を割くことができ、業務の効率が大幅に向上するようになります。労働時間の短縮化にもつながりますから、日頃から意識をするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

文章力をアップさせるための方法

とにかく書く

場数を踏むことで、嫌でも文章力は向上していきます。だから、率先して文章を書くようにしたいですね。毎日の地道な積み重ねをすることで、少しずつ文章力は向上していくわけです。何もしないで文章が上手くなることはありませんから、毎日の努力を忘れないようにしてください。

そして、文章を見返して、書き直すことも重要です。何度も見返すことで、自分の文章のクセが見えてくるようになります。さらに、それを書き直す作業をすれば、文章に広がりを持たせることができます。単調な文章にならないためにも、何度も見直す作業を忘れないようにしましょう。

また、上手い文章を書き写すことも大切です。小説やコラム、社説などを読んで、上手な文章表現などを書き写してみてください。そうすれば、圧倒的に文章が上達することが分かると思います。

 

色々な文章を読む

「文章力は読書量に比例する」と、昔からよく言われます。色々な文章を読むことで、自分に無い表現方法に触れることができます。そうすることで、語彙力が増えていきますから、文章力のアップに繋がるわけです。

インプットの量が多いほど、アウトプットできる量も増えていくというわけですね。だから、文章を読むときには、内容を理解することと表現を盗むことを意識するようにしてください。こうすることで、圧倒的に学べることが多くなります。

作家の表現技術に注目すると、小説なども違った楽しみ方ができるようになりますよ。

 

結論を最初に書く

文章を書くときには、結論から書くようにしてください。そうしないと、遠回しの文章となってしまうので、理解度が格段に下がってしまいます。また、急いでいる人だと途中で読むのを止めてしまう場合もありますから、注意しないといけません。

特に、ビジネスの提案書などでは重要な要素ですから、結論を最初に持っていくことを覚えておきましょう。結論から理由に繋げていくことで、論理的で理解しやすい構成となります。無駄の無い自然な文章になるので、覚えておいてください。

 

一文を短くする

一つの文章は、長くなりすぎないように注意しましょう。長すぎる文章だと、言いたいことがぼやけてしまうので、理解できない可能性があります。また、読み手の集中力も持たないので、良い事がありません。

でも、短く言い切った文章にすると、説得力も高くなって読みやすくなります。短いほど理解しやすい文章となりますから、意識をするようにしましょう。

 

主語と述語を近づける

意外と意識されないのが、主語と述語の位置関係です。これらが離れすぎていると、主体が見えなくなるので理解しにくくなってしまいます。「誰が何をしたのか」を明確にしないと、良い文章とは言えないので覚えておいてください。

たとえば、「当社の商品が、東京ビッグサイトで行われる物産展に出品されます。」よりも、「東京ビッグサイトで行われる物産展に、当社の商品が出品されます。」の方が分かりやすいですよね。なので、主語と述語はセットで書くようにしましょう。

 

以上、文章力を高める秘訣を紹介しました。これらを意識することで、誰でも理解しやすい文章を書くことができるはずです。日頃の努力で少しずつ上達していくものですから、毎日意識をするようにしてください。

photo credit: Audringje

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - 仕事術, 文章術