スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

座りっぱなしによる健康リスクとは?

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-26_9-3-57_No-00

最近は、IT系の企業が多くなっているので、デスクワークをする人の数が増えていますよね。なので、1日中座りっぱなしだという人も多いはずです。あるデータによると、20~30代の社会人の7割以上は、毎日8時間以上も座りっぱなしのようです。

ずっと座っているのは楽だと思われがちですが、体のいたるところに不調をきたす可能性があります。健康を害するリスクもありますから、ちゃんと対策をするようにしましょう。仕事だからデスクワークを止めるのは難しいでしょうが、出来る対処はあります。

ここでは、座りっぱなしの不調を防ぐ方法を紹介します。

スポンサーリンク

長時間、座り続けることのデメリット

太りやすくなる

あまり動かずに座っている時間が多い人は、足腰の筋肉が弱ってしまいます。特に、ふくらはぎの筋肉は血液を心臓に戻すポンプの役割をしています。なので、この筋肉が弱ってしまうと、血液が足に溜まってしまうわけです。

そうすると、体の循環が悪くなって、代謝が下がって太りやすくなります。また、血糖値を下げるインスリンの分泌も減ってしまうので、余計な糖分が血液中に流れてしまいます。これも、太りやすくなる原因となりますね。

 

死のリスクが増大する

6時間以上座るのが習慣となっている人は、そうでない人よりも15年以内に死ぬ確率が15%も増えるようです。慢性的な運動不足となりがちですし、内臓の機能なども下がることでリスクが増えてしまうようですね。

また、心臓病にかかるリスクも2倍に上がります。なので、デスクワークをしている人は、立ち仕事の人よりも健康に気を遣わないといけません。

 

骨盤が歪む

座りっぱなしだと姿勢が悪くなるので、骨盤が歪んでしまいます。そうすると、肩こりや腰痛の原因となりますし、疲れやむくみの原因となることもあります。また、女性であれば、生理不順や便秘を引き起こすこともあるようです。

さらに、うつ病などの精神疾患にも掛かりやすくなるというデータがあります。姿勢が悪くなることで、色々なリスクがありますから注意するようにしましょう。

 

エコノミークラス症候群

長時間同じ姿勢でいると、血液の流れが悪くなって血管が詰まってしまいます。そして、歩き始めると急に呼吸困難を起こしてしまったり、最悪のケースだと死に至ることもあります。突発的に起こる怖い病気ですね。

飛行機の中で起こりやすいので、エコノミークラス症候群という名前が付きました。しかし、日常生活でも座りっぱなしだと起きる可能性があります。健康な人でも、急に死んでしまうことがあるので、注意しないといけません。

スポンサーリンク

 

座りっぱなしのリスクを減らす秘訣

正しい姿勢で座る

椅子に深く腰掛けて、顔を上げて真っ直ぐ座りましょう。そうすると、背筋が伸びた状態となるので、体の負担が軽減されます。椅子の高さが合っていないと、背筋が曲がってしまいます。なので、自分の体格に合うように調節しましょう。

理想としては、足を付いた状態で太ももが床と平行になる高さですね。そして、真正面にパソコンモニターを置いて、目線を下げずに見れる状態にしてください。これが、長時間座っても疲れにくい姿勢だといえます。

 

水分補給を行う

足を曲げた状態で座り続けていると、静脈の環境が悪くなってしまいます。その状態で仕事に集中していると、脱水症状を引き起こす可能性があります。自分でも気付かないうちに水分が足りなくなるので、マメに水分を補給するようにしてください。

また、足のポジションを定期的に入れ替えることも重要です。そうすることで、血流が改善されますから、脱水を防ぐことにもなります。さらに、むくみの防止にも繋がりますから、特に女性の方は意識をすると良いでしょう。

 

こまめに立つ

定期的に、椅子から立ち上がって歩いてみましょう。最低でも、1時間に1回くらいは、軽く歩いた方が良いですね。そうすれば、部分的に血が溜まるのを防ぐことができます。気分転換にもなりますから、会社の周りなどを散歩してみてください。

また、ストレッチなどをするのも有効です。足や腕、背骨を伸ばすようにすれば、新陳代謝を促すことができます。血液の循環が良くなりますから、太りにくい体質を作るためにも有効だといえるでしょう。

 

脚を冷やさない

長時間座っていると血行が悪くなるので、体温が下がってしまいます。なので、温かい飲み物を飲むようにしたり、体を温める工夫をしましょう。特に、足先が冷えやすくなっているので、ひざ掛けなどを使って温めてください。

夏場でもエアコンが効きすぎた部屋は冷えるので、ひざ掛けを常に用意しておくのは大切です。冷え性の人は、レッグウォーマーなどを使うのも良いかもしれませんね。体が冷えないように、いつも気を遣うようにしましょう。

 

以上、座りっぱなしによる不調を防ぐ方法を紹介しました。デスクワークの人すべてに関係することですから、ぜひとも覚えておくようにしてください。毎日の生活に影響することですから、ちゃんと頭に入れておいた方が良いと思います。

photo credit: zen

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - 健康, 運動