スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

すぐに疲れを癒す!心と体をリフレッシュさせる6つの方法

      2016/07/26

SnapCrab_NoName_2015-12-26_8-58-17_No-00

人は誰でも忙しいですから、全くストレスを抱えていない人はいないでしょう。

  • 試験が近いので必死で勉強している
  • 朝から晩まで仕事に追われている
  • 家事と育児に必死で自分の時間が無い
  • 人間関係が上手くいかない
  • 悩み事があって精神的に疲れている

など、人によって色々な原因があると思います。

心も体も疲れ切ってしまうと、日常生活に支障が出てしまうはずです。仕事や勉強の効率が下がるでしょうし、毎日イライラしてしまいます。

ですから、適度にリフレッシュをして、心身ともに健康的な状態を維持できるようにしましょう。

体内の活性酸素が増えることが疲労の原因

そもそも、人はなぜ疲れを感じるのでしょうか。その仕組みを知っていれば、対処法も見えてくるかもしれません。メカニズムとしては単純なので、覚えておくと良いでしょう。

まず、活動によって脳や筋肉を使うと、大量の酸素が消費されます。そして、酸素が消費されると、「活性酸素」という物質が作られます。

活性酸素は有害な物質で、細胞などを傷つけてしまいます。なので、体を過度に動かして活性酸素が増えすぎると、体の機能がどんどん低下してしまうわけです。これが、「疲労」と呼ばれる現象ですね。

また、活性酸素は神経にも影響しますから、自律神経の活動を弱めてしまい倦怠感などの原因にもなります。

疲れを感じるということは、「体を休ませなさい」というメッセージです。無理をすると体を壊すかもしれないので、すぐに休息する必要があります。

疲れを感じたまま過度に体を酷使すると、健康を害する危険があるので注意しなくてはいけません。

スポンサーリンク

ストレスや疲れを溜め込むと何もかも上手くいかない!

9067366904_c26974ed00

日常的にストレスや疲れを溜め込んでいると、適度に発散させなければ何もうまくいかなくなってしまいます。心と体は繋がっているので、精神が病んでいると行動にまで影響が出てしまうからですね。

では、どのような影響が出るのかというと、次のようなものがあります。

人間関係が険悪になる

疲れてしまっているときには、些細なことでイライラしてしまいがちです。友達の軽い冗談でさえも、カチンとくることがあるでしょう。こんな状態で他人に優しくすることはできないので、人間関係が壊れやすくなります。

家庭内でも育児によるストレスで、夫婦げんかに発展するケースをよく聞きますよね。これがキッカケで、離婚に至ってしまった夫婦も少なくありません。

ストレスを溜めると他人に当たってしまいがちなので、特に気を付ける必要があります。

時間とエネルギーの無駄になる

精神的な疲労が溜まると、集中力が続かなくなってしまいます。凡ミスを繰り返したり、失敗する可能性が高くなりますね。簡単な作業でも手間取ってしまうので、余計な時間が掛かってしまうわけです。

また、肉体的な疲労が溜まってしまったら、行動力が無くなってしまうでしょう。何をやるにも面倒だと感じてしまいますし、モチベーションを上げることもできません。なので、動く時に大きなエネルギーが必要になってしまいます。

このように、時間とエネルギーを余分に使うことになるので、圧倒的に効率が悪くなりがちですね。

病気にかかりやすくなる

強いストレスをや疲労を溜め込むことで、体に色々な不調をきたすようになります。

ニキビや肌荒れ、胃痛や腹痛、頭痛などが一般的な症状ですね。精神的なものであれば、うつ病や自律神経失調症などがあります。こういった病で社会に出れなくなる人もいるので、気を付けなくてはいけません。

症状がひどくなると過労で倒れることがありますし、胃潰瘍や心不全などにかかる場合もあります。

リフレッシュすれば人生を充実させることができる

健康を保つためには、心と体をリフレッシュさせることが大切です。定期的に息抜きをすることで、溜まった疲れやストレスを発散させることができます。

イライラを解消できれば、人間関係でのトラブルを減らせるでしょう。心と体の疲労を回復することで、高い集中力を持続できるようになるはずです。病気にもなりにくくなりますから、いつも健康的な体を維持することが可能ですね。

どのようにリフレッシュをするのかというと、日常を忘れられる作業に没頭するということです。

この「日常を忘れられる」ことが、最大のポイントですね。自分の好きなことや楽しいことに熱中することで、ストレスの元になっている原因を忘れることができます。

だから、気晴らしのために散歩やドライブなどに出かけても、ストレスの元について考えていたのなら意味がありません。すべてを忘れることができてこそ、スッキリとリフレッシュできるわけです。

頭の中にある嫌なことを忘れるためには、どのようにすればいいのか?そのためには、何かに熱中する必要があります。

自分の好きなことや非日常的なことをすると、それだけで頭の中を埋め尽くすことができます。なので、頭の中にあるストレス要因を忘れることができ、気分転換になるということですね。

引用:気分転換をするための心の休憩方法

自分の好きなことや趣味などがあれば、それに没頭してみてください。時間を忘れるほどに楽しむことで、頭がスッキリとするでしょう。

スポンサーリンク

心と体をリフレッシュさせるための6つの方法

26350819476_e121f18833

体を動かしてみる

友達とテニスをしてみたり、一人でジョギングをしてみたり、何かしら体を動かしてみてください。ハードに体を動かすことで、余計なことは考えられなくなります。汗をかくことで気持ちよくなりますから、ストレスの発散に効果的でしょう。

医学の世界でも、運動療法は効果のある治療法として色々な場面で活用されています。うつ病などの精神疾患に対する治療、生活習慣棒の予防などにも効果がありますね。

なので、心にモヤモヤがあるのであれば、思いっきり体を動かすようにしましょう。へとへとになるまで動き回れば、リフレッシュできますよ。

ただ、体の疲労が溜まっているときには、運動は控えるようにしてください。

好きな音楽を聴く

自分が好きな音楽を聴くと、テンションを上げることができますよね。気持ちが落ち込んでいるときには、アップテンポな曲を聴くと良いでしょう。自分がハイになれる曲を、いくつかピックアップしておいてください。

また、嫌なことがあったときには、思いっきり泣くことで気持ちをリセットできることがあります。なので、泣ける曲を聴くことも良いですね。

その時の状況に合わせて、最適な曲を選択しましょう。

旅行へいく

知らない土地へ行くことで、今までの日常を忘れることができます。時間に余裕があるのなら、海外へ行ってみるのが良いでしょう。周りが非日常的な環境となり、頭の中から嫌な記憶が無くなるはずです。

また、国内でも自然が多い地域へ行くことで、新鮮な空気の中で気持ちを落ち着かせることができます。時間がゆっくりと流れていますから、都会での忙しい毎日を忘れられますね。

特に、仕事や勉強などで毎日忙しい人は、休日に旅行へ行くのがおススメです。

お腹いっぱい食べる

食べるのが好きな人は、好きなものをお腹いっぱいになるまで食べるのも良いでしょう。美味しいものを食べると、それだけで心を満たすことができます。また、食べることに夢中になれるので、嫌なことを忘れられるわけですね。

美味しいものを求めて、地方まで食べに行くこともおススメです。旅行を兼ねることができますので、道中の移動の間も楽しむことができます。

また、人はストレスを感じると、ミネラル分を尿と一緒に排出してしまいます。なので、疲れが溜まっている人は栄養失調になりやすいです。そのため、しっかりとご飯を食べて、栄養補給をすることが望ましいですね。

ぐっすりと寝る

睡眠は脳を回復させる唯一の手段なので、ぐっすりと眠ることで脳をリセットすることができます。さらに、体の疲労を回復させることもできますから、心身ともにリフレッシュするためには最適な手段だといえるでしょう。

また、仕事や勉強の合間に15~20分程度の仮眠をとるだけでも、かなりの効果を実感することができるはずです。どうしても集中できなくなってしまったら、作業を止めて眠ってみてください。

昼寝の効果を最大化する5つのポイントとは?

ただ、寝すぎてしまうと夜に目が冴えてしまうので、20分以内に止めるようにしてくださいね。

瞑想で脳内をリセットする

疲労は、肉体的な疲れだけではありません。ストレスなどの精神的なものも、疲労の原因となってしまいます。なので、精神的な疲れも、定期的に発散する必要があるわけです。そのためには、瞑想が効果的だと言われています。

瞑想というと、怪しい宗教的なイメージを持つ人も多いですよね。しかし、実際には怪しいものではありません。頭の中を空っぽにして深呼吸するだけで、脳をスッキリさせることが出来ます。

ポイントとしては、腹式呼吸を行うことですね。深く呼吸をすることで、体中に酸素が送り届けられます。そうすれば、精神的にも肉体的にも疲労が軽減されるはずです。

疲れを溜めないための生活習慣とは?

定期的に体をリフレッシュさせることは大切ですが、もっと重要なことは「疲れを溜めない」ということです。

毎日の生活の中で意識をすれば、疲れが溜まりにくい体になることができます。これは、生活習慣が重要ですから、覚えておくようにしましょう。

抗酸化物質を摂る

先述したように、疲労の原因となるのは「活性酸素」とよばれる物質です。なので、体内の活性酸素の量を減らすことができれば、疲労を感じにくくなるということですね。そのために、抗酸化物質を摂るようにしましょう。

抗酸化物質とは、活性酸素を分解する働きがある物質のことです。食品に含まれている栄養素で、ポリフェノールやビタミン(A、E、C)、コエンザイムQ10やαリポ酸などが含まれます。

なので、これらの栄養素を含む食品を食べることが大切となります。

  • バナナ
  • カボチャ
  • キャベツ
  • ニンニク
  • そば
  • 大豆

上のような食品が代表的ですね。他にも色々な食品に含まれているので、調べて食べるようにしましょう。

食事は腹七分目に抑える

摂取するカロリーを制限することで、老化を抑えられることが分かっています。なので、日頃から食事を七分目程度にしておけば、細胞が劣化しにくくなるということです。体も疲れにくくなるはずですから、暴飲暴食は控えるようにしましょう。

細胞が常に元気な状態であれば、活性酸素なども溜まりにくくなります。そして、細胞分裂も活発に行われるので、常に元気な状態を維持することが出来るわけです。健康にも良い事ですから、毎日の食事の時に意識しておいてください。

適度に運動をする

運動をする習慣があると、基礎代謝を高めることができます。基礎代謝が低い状態だと、太りやすくなりますし、疲労も抜けにくくなってしまいます。なので、定期的に体を動かして、基礎代謝を高める努力をしてください。

目安としては、30分程度の運動を週に2回ほど行うのが良いでしょう。過剰に運動しすぎると、逆に疲れが溜まるので注意してください。脂肪の燃焼効果などもありますから、生活習慣病の予防などにも繋がります。

疲れを癒すのに役立つ本

「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本

最近、疲れが取れにくくなったという人には、おススメできる本だといえます。溜まった疲れを取り除くために、生活習慣を変える方法が紹介されていますね。

特に、十分な睡眠をとっているのに疲れが取れないなら、この本に書かれている生活習慣を心がけることで疲労が軽減されるはずです。

41項目のアドバイスがあるので、自分に合った方法が見つかると思います。

超一流の超休息術

累計150万部を突破しているベストセラーです。

仕事のパフォーマンスを最大化するための休息術についての本で、忙しいビジネスマンの人には必ず読んでもらいたいですね。

肉体的な疲れを残さない方法や精神的なストレスを軽減する方法など、心身の疲労を溜めないための方法が51項目にわたって解説されています。

以上、体をリフレッシュさせる方法を紹介しました。

疲労は、色々な病気の原因となります。免疫力が下がってしまいますから、風邪などを引きやすくなるからですね。毎日の活動にも影響してしまうので、しっかりとリフレッシュして疲労を溜めない体になれるようにしてください。

photo credit: Adrian Fallace Design & Photography1024px-Sleepy_men_MG_4067-119

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - 健康, 疲労回復