スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

仮眠によって集中力がアップ!短時間の睡眠による驚くべき効果とは?

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-25_15-49-48_No-00

仕事をしていると、途中で集中力が無くなってしまうことがありますよね。人間の集中力は30分前後しか持続しないと言われているので、長く作業をしていると誰でも気が散ってしまうはずです。

しかし、そういった時にも、数十分の仮眠を取るだけで頭をスッキリさせることができます。睡眠不足で眠気が消えなかったとしても、少し仮眠をするだけで回復することができるわけですね。なので、上手く仮眠を活用してみてください。

ここでは、効果的な仮眠の方法について解説をします。

スポンサーリンク


 

仮眠によるメリットとは?

集中力を高める

人間の脳は、膨大な情報を処理しています。特に、仕事をしている時には、脳がフル回転しているので、その疲労に関しては相当なものでしょう。長時間の作業になるほど、思考力が低下して頭がボーっとしてしまいます。

たとえば、午前中の作業は集中できても、午後になると急にパフォーマンスが下がることがありますよね。これは、脳が疲れてしまって機能が低下しているわけです。だから、脳に休息を与える必要がありますね。

そういった時に、仮眠を取ることが有効となります。少し仮眠を取るだけで、頭をスッキリとさせることができます。脳の疲れも取れますから、パフォーマンスが良くなるでしょう。なので、集中力を高めることができ、仕事の効率もアップするはずです。

 

創造性がアップする

のんびりお風呂に入っている時に、良いアイデアが浮かんでくることはありませんか?ミュージシャンの人などは、寝ている時などに良い曲を思いついたりするようです。これは、人間の想像力が、リラックス状態で働くからですね。

なので、仮眠を取ることで、自分の創造性を高めることができます。実は、アイデアというのは、全くゼロから生み出すものではありません。過去の記憶を繋ぎ合わせることで、独自のアイデアとなるわけです。

睡眠中には、脳内で記憶の整理が行われるので、その過程でアイデアが浮かぶ可能性が高くなります。だから、何かを考えていて煮詰まってしまったら、思い切って仮眠を取ってみてください。そうすれば、起死回生のヒントが見つかるかもしれません。

 

心臓病のリスク低下

ある研究によると、昼寝をすることで心臓病のリスクを軽減できることが分かっています。2万人以上のギリシャ人の男女を調査したところ、昼寝をする人は心臓病による死亡率が37%も低かったようです。

しかも、仕事をしている人に限って言うと、昼寝をする人の心臓病による死亡率は64%も低くなっていました。仕事ではストレスが溜まってしまいますが、昼寝によって心臓への負担が軽減するわけですね。

なので、毎日激務に耐えている人は、意識的に仮眠を取るようにしましょう。仕事のし過ぎは寿命を縮めてしまうので、健康のためにも眠った方が良いです。

 

血圧を下げる

高血圧で悩んでいる人は、仮眠を取ることで血圧を下げることができます。午後は血圧が高くなりがちですし、昼食後の眠気を我慢していたらストレスで余計に血圧が上昇してしまいます。日頃から高血圧の人は、症状が悪化する可能性があるわけですね。

しかし、昼食後に仮眠を取ることで、血圧を下げることが可能です。数十分の仮眠なら夜に眠れなくなることは無いですから、安心して眠るようにしましょう。眠気に逆らわないようにすれば、健康を維持することができます。

スポンサーリンク


 

効果的な仮眠のための5つの原則

30分以内にする

仮眠を取るときには、長くても30分までにしてください。それ以上だと、深く眠りすぎて眠気が残ってしまいます。起きた後も眠い状態となるので、集中力が下がってしまって仕事になりません。

大体、15分程度でも十分な効果がありますね。少ししか寝ていないのに、異常に体が軽くなった経験は無いですか?短時間の仮眠を取ることで、脳や体を覚醒させることができます。パフォーマンスを高めることができるので、短時間でも眠るようにしてください。

これくらいなら、会社の昼休憩にでも無理なく眠ることができるはずです。

 

座った状態で眠る

短時間の仮眠においては、深く眠ってはいけません。なので、ベッドやソファなどで横になってしまうと、寝すぎてしまう可能性があります。それだと逆に体が怠くなってしまいますから、注意してください。

オフィスなどで眠るのなら、椅子に座ったままデスクに伏せた状態で眠るのがおススメですね。こうすれば、程よく浅い眠りを維持することができます。寝過ごしてしまう心配もありませんから、安心して仮眠を取ることができるでしょう。

机で寝るための枕なども販売されているので、そういったものを活用するのも良いですね。

 

寝る前にカフェインを摂取する

深く眠り過ぎないために、寝る前にコーヒーや紅茶を飲むことをおススメします。そうすれば、カフェインの覚せい作用で、スッキリと目覚めることができるはずです。完全な睡眠状態に入ると頭がボーっとしますから、パフォーマンスが下がるわけですね。

仮眠をとるときに注意しなければならないのは、30分も眠ると脳が完全に休息してしまうことだ。このとき起きても、脳はなかなか目覚めない。睡眠がまだ浅い段階で目覚めることがポイントだ。昼寝後にスッキリ目覚めるためには、寝る前にコーヒーを1杯飲むといい。カフェインをとっておくと、目覚めるころにきき始め、午後の作業効率も上がる。

引用:保健指導リソースガイド

カフェインを摂取すると、15~20分ほどで覚せい作用が出てきます。なので、ちょうど起きるくらいに効果が出てくるわけで、気持ち良く目が覚めるでしょう。

 

起きた後に軽く運動する

仮眠から目覚めた後は、身体が休息状態に入っています。なので、活動状態に入るために、軽く体を動かすようにしてください。手足をグルグル回したり、ストレッチなどをすると良いですね。軽く体を動かすだけで、血行が良くなって全身の細胞を起こすことができます。

また、太陽の光を浴びるのも良いでしょう。強い光を浴びることで、目を覚まして頭をスッキリさせることができます。窓際でしばらく座っていれば、太陽光の力で目が冴えてくるはずです。

 

午後3時までに眠る

仮眠を取るときには、遅くても午後3時までに済ませるようにしてください。それ以降になってしまうと、夜の眠りに無理に支障をきたしてしまいます。仮眠を取ったことで、夜に眠れなくなったら本末転倒です。

「昼寝」というくらいですから、昼ごろに行うのがベストだといえます。遅くても、午後3時までに行うようにしましょう。それ以降だと、睡眠のサイクルが崩れる恐れがあるからですね。夜に寝られなくなる可能性があるので、睡眠不足の原因となってしまいます。

引用:昼寝の効果を最大化する5つのポイントとは?

大抵の人は、昼休みに仮眠を取ることができると思います。なので、その時間に眠るようにすればいいですね。毎日の習慣にしてしまえば、スムーズに眠れるようになるでしょう。

 

以上、効果的な仮眠を取るための秘訣を紹介しました。集中力をアップさせて仕事の効率を高めるためには、仮眠は非常に有効です。ですから、仕事の合間に眠ってみて、効率よく仕事を進められるようにしてください。

photo credit: Napa

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - 健康, 睡眠