スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

二日酔いを防止するための6つの対処法

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-26_9-14-53_No-00

忘年会や新年会など、飲み会が増える時期になると二日酔いの心配がありますよね。社会人だと付き合いで飲みに行く回数が多くなるので、お酒が弱い人は注意しないといけません。翌日にお酒が残ってしまうと、仕事に支障をきたしますからほどほどにしましょう。

でも、どうしても飲み過ぎてしまう場合がありますよね。そういった時には、二日酔いを防止する対策を打っておきましょう。お酒が弱い人でも、ある程度二日酔いを防ぐことができます。なので、ここでは二日酔いの防止方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

二日酔いの原因とは?

人はお酒を飲むことで、酔っぱらいますよね。これは、アルコールが血液に流れ込み全身に行きわたって、脳の活動を麻痺させてしまうからです。だから、飲み過ぎるとろれつが回らなくなったり、まっすぐ歩けなくなったりします。

ただ、アルコールは体の代謝機能によって、分解されていきます。その多くが肝臓に運ばれていって、アセトアルデヒドという物質に分解されるわけです。そして、アセトアルデヒドが酢酸に変換されて、最終的には水と二酸化炭素に分解されていきます。

実は、二日酔いの原因は、アセトアルデヒドにあります。アセトアルデヒドは、体内に残ると頭痛やめまい、吐き気などを引き起こしてしまうわけです。お酒を飲み過ぎると、大量のアセトアルデヒドが体内で生成されることになります。

アセトアルデヒドが分解されるには時間が掛かるので、翌日まで残っていると二日酔いの症状が出てしまうわけですね。だから、二日酔いを防止するためには、アセトアルデヒドの量を抑える必要があります。

スポンサーリンク

 

二日酔いの防止方法

胃を保護する食材を食べる

胃の粘膜を保護することで、余計なアルコールを吸収せずに済みます。だから、アセトアルデヒドの生成が抑えられ、二日酔いの防止に繋がるわけです。なので、お酒を飲みながら、胃粘膜を保護する食材を食べるようにしましょう。

たとえば、豆腐や豆乳などの大豆製品が有効です。タンパク質が多く含まれているので、胃を保護する働きがあります。他にも、キャベツにはビタミンUが含まれていますから、胃の血流を促進して保護してくれます。さらに、大根には消化酵素ジアスターゼという酵素があるので、胃を守ってくれるのに有効です。

なので、お酒のおつまみとして、サラダなどを積極的に食べるのがおススメですね。

 

薬を使う

お酒を飲む前に、薬を飲むのも有効な手段です。ウコンやアミノ酸などを摂取すれば、肝臓の働きを助けてくれます。また、胃腸薬を飲むことで、胃腸を活発にしてアセトアルデヒドの分解を促進することが可能です。

コンビニなどでも売られていますから、そういったものを活用すると良いでしょう。お酒を控えるのが一番ですが、どうしても飲まなくてはいけない場合もあります。あまり多用するのは良くないですが、いざという時には薬を使ってください。

 

飲むペースを抑える

弱いお酒をゆっくりと飲むようにすれば、アセトアルデヒドの分解が間に合います。だから、ロックではなく水割りにしたり、薄めのお酒をゆっくり飲むようにしてください。空いたグラスを用意しておいて、そちらに移せば飲んでいるように見せかけることもできます。

ペース配分を考えることで、翌日にお酒が残りにくくすることが可能です。なので、少しずつ体の中にアルコールを入れるようにしましょう。

 

水を多く飲む

飲み会が終わった後は、水を大量に飲むようにしてください。水分を摂取すれば利尿作用を高めることができますから、アルコールを外に出すことができます。目安としては、飲んだお酒と同量の水を飲むことですね。

そうすれば、体内のアルコールも薄くなりますから、分解を助けることもできます。また、スポーツドリンクなどであれば、吸収が早くなるので効果的です。なので、寝る前に大量の水分補給を忘れないでください。

 

汗をかく

汗をかくことで、アルコールを体外に排出することができます。ただ、飲んだ後に運動をすると危険なので、少し歩いてみるなどの軽い運動を行いましょう。おススメなのは、帰るときにひとつ前の駅で降りることです。

そうすれば、歩く距離を増やすことができますから、手軽に汗をかくことができます。運動不足も解消されますので、積極的に運動をしてみてください。また、汗をかかなくても体内の代謝が高くなりますから、少しの運動はアルコールの分解に効果的だといえます。

 

十分な睡眠をとる

飲み会があると帰宅が遅くなりがちですが、できるだけ長く睡眠を取るようにしてください。睡眠中は、肝臓の働きが活発になります。だから、睡眠時間が長いほど、アセトアルデヒドの分解が促進されるわけです。

なので、飲んだらすぐに寝ることを心掛けてください。ただ、アルコールを摂取すると睡眠が浅くなってしまうので、無理に寝ようとしなくても構いません。どうしても眠れないなら、軽い運動などをして汗を流すようにしましょう。そうすれば、アルコールが分解されていくはずです。

 

以上、二日酔いを防止する方法を紹介しました。少しくらい飲み過ぎたとしても、適切に対処すれば二日酔いにはなりません。なので、お酒を翌日に残さないために、方法を覚えておくようにしてください。

photo credit: amirjina

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - 健康, 食生活