スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

聞き上手になるための5つのポイントとは?

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-26_9-58-34_No-00

話し上手は聞き上手だと、昔から言われていることですよね。相手の話をうまく聞ける人ほど、コミュニケーション能力が高いということです。でも、聞き上手とは、具体的にどんな人のことを指すのでしょうか?

単に話を聞くだけだと、聞き上手とは言えません。聞くときの姿勢や態度によって、聞き上手であるかが決まります。相手が話していて気持ち良くなることが、聞き上手の最大の目的です。なので、相手のことを考えた聞き方ができるように心掛けましょう。

ここでは、聞き上手になるためのコツを紹介します。

スポンサーリンク

聞き上手になるための5つのポイント

相手に体を向ける

誰かの話を聞くときには、しっかりと相手の方に体を向けるようにしましょう。まっすぐと向かい合った状態で聞くことが、一番ベストだといえます。こうすることで、ちゃんと話を聞いていることを相手に示すことが可能です。

そのときに、相手の目を見て、じっくりと話を聞くようにしてください。よくあるのが、自分の席に座って、パソコンを見ながら話を聞くパターン。酷い場合には、相手の顔すら見ない人もいます。

これだと、ものすごく失礼ですよね。ちゃんと話を聞いているのかも分かりませんし、相手も話す気を無くしてしまうはずです。だから、相手のことを考えるのであれば、ちゃんと体を向けないといけません。

 

メモを取る

会議中や商談中であれば、必ずメモを取りながら相手の話を聞くようにしてください。理解している内容だとしても、メモを取ることで「聞き洩らさないぞ」という意思表示をすることができます。

話している方も、自分の話を重要だと思ってもらえると、気分が良くなりますよね。承認欲求が満たされることで、満足感を得やすくなります。だから、メモを取りながら話を聞く人間に対しては、信頼をしやすい傾向があるわけです。

また、自分でも話の内容を整理することができますし、忘れたら見返すことができるので、仕事の効率もアップしますよね。メモを取ることはメリットばかりですから、常にメモを持ち歩くようにしてください。

 

気持ちを込めて聞く

相手の話を聞くときには、しっかりと感情をこめて聞くようにしましょう。そうすることで、「あなたの話に興味があります」という意思表示をすることができます。無表情で淡々と聞くだけだと、相手は不安になってしまいますよね。なので、感情を込めるということが大切となります。

具体的には、興味のありそうな表情をしたり、適度に相槌を打つというようなことです。つまり、相手の話に対するリアクションを取るということですね。そうすれば、相手も楽しく話を続けることができます。

話の内容に合わせて楽しそうに笑ったり、悲しそうな顔をしたり、表情を使い分けることが大切です。また、相槌も「うん」だけではなくて、「へー」「そうなんだ」「なるほどね」など、いくつかのパターンに分けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

自分の興味本位の質問は控える

相手が話している時に、自分の興味だけで質問をすると、話の腰を折ってしまうことがあります。なので、話を聞いているときには、相手の話の邪魔にならないようにしないといけません。質問をするのであれば、話の内容に沿った質問をするということですね。

たとえば、理不尽な上司の話を聞いている時に、「その上司、何歳なの?」「うちの上司と同い年だわ」などという質問をすると、話が全然違う方向に流れることがありますよね。ここでは、上司の理不尽な対応の話ですから、ズレた質問はしない方が良いです。

話が一段落ついてから、気になったことを聞くようにしましょう。そうすれば、話の腰を折らずに済みます。人は、自分の話したいことを質問してほしいと思っています。なので、自分の興味だけで質問をすると、上手く会話がかみ合わなくなるので注意してください。

 

沈黙を恐れない

話をずっと聞いていると、たまに沈黙が続くことがあります。相手もずっと話しているわけではありませんから、会話が止まることはありますよね。そういった時に、慌てて無理に質問をしないようにしてください。

沈黙を恐れて慌てて質問をすると、意味不明なことを聞いてしまう場合があります。中身の無い会話となってしまいますから、無理な質問はしないようにしましょう。実は、沈黙というのは、会話の中の重要な要素です。

沈黙があることで話の内容を整理することができますし、次の会話を考えることもできます。なので、適度な間がある方が、会話は弾みやすいわけです。なので、無理に沈黙を埋めようとするのは逆効果なので、ゆっくりとした間で会話を進めていきましょう。

 

以上、聞き上手になるためのコツを紹介しました。これらのことを知っていることで、上手く話を弾ませることができるはずです。コミュニケーションにおいて、聞き上手になることは非常に大切だといえます。なので、しっかりと覚えておきましょう。

photo credit: Chris JL

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - コミュニケーション, 会話の基本