スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

初対面の人と仲良くなる方法。好印象を与えるコミュニケーションスキルとは?

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-26_10-23-13_No-00

初対面の人と会話する時って、話題に困りますよね。お互いのことを知らないわけですから、何を話したらいいか分かりませんし、緊張もしてしまいます。でも、ビジネスの世界では、初対面の人と接する機会は驚くほど多いです。

最初のうちは会話が弾んだとしても、すぐに沈黙になって気まずい思いをする事もあるかもしれません。それだと上手くビジネスを行うことが出来ませんから、誰と会っても一通り話が出来るように、コミュニケーションスキルを磨くことは重要ですね。

ここでは、初対面の人と話すための技術を紹介します。

スポンサーリンク

最初のとっかかりはどうするか?

当たり障りのない質問から始める

初対面の人と話す場合、相手は少なからず警戒心を持っています。これは、人としての防衛本能ですから、仕方がありません。なので、あまりプライベートな質問から入るのは、避けた方が良いですね。「どこに住んでるの?」とか「兄弟はいるの?」といった質問は、止めておきましょう。

無難な質問としては、「昨日のテレビ見た?」とか「今日は暑いですね?」といったものですね。これだったら、誰でも気軽に答えらえれますから、初対面であっても問題ないでしょう。相手が答えやすいかどうかを、常に考えるようにしてください。

 

笑顔で話すことを意識する

笑顔は、ものすごく大切です!特に初対面だったら、なおさらですね。暗い表情で話しかけられたら気持ち悪いですし、仲良くなりたいとも思いません。だから、笑顔で話すことを忘れないでください。明るい人は、それだけで好かれる要因となりますし、周りの人を安心させる効果もあります。

 

相手に対して興味・関心を持つ

そもそも、相手に興味を持っていなければ、会話は成立しません。単に言葉を交わすだけの状態となってしまいます。そうではなくて、ちゃんとコミュニケーションとして成立させるために、興味・関心を持つことを忘れないでください。

具体的には、相手の話に共感しながら、相手に立場に立つという感じです。他人事として聞くのではなくて、相手と一緒になって会話をするようにしましょう。そうすれば、非常に話しやすい印象を与えることが出来ます。

スポンサーリンク

 

話題の作り方

会話が弾みやすい話題を用意しておく

人によって趣味趣向が違いますが、実は会話が弾みやすい話題というのは、あらかじめ決まっているんです。なので、そういった話題について、あらかじめ調べておくことで、誰と話しても話題には困らなくなりますよ。

「きどにたてかけし衣食住」で、覚えるようにしてください。これは、盛り上がる話題の頭文字を取ったものです。これを覚えておけば、会話に困ることは無いでしょう。

 

季節、気候 「寒いですね。」「暑いですね。」会話のとっかかりとして最適
道楽 道楽とは趣味のこと。好きなことや趣味のことは、盛り上がりやすい。
ニュース 最近の時事ネタなど。
旅の体験談など。
テレビ テレビ番組や好きな芸能人などの話。スポーツなども。
家庭 家族の話。兄弟や嫁、子供など。
健康 健康や美容関係の話。
仕事 仕事やアルバイトの話。
衣服 ファッションの話。
食べ物 グルメの話。美味しいお店や好きな食べ物。
住居 住んでいる場所や出身地など。

上記のネタで、何も興味が無い人はいません。日頃から意識的に情報収集をしていれば、どんな話でもできるようになるはずですよ。

 

目に付いたものから聞いてみる

相手が身に付けているものや持っているものについて、とりあえず聞いてみましょう。「そのバッグ、カワイイですね。」とか「その携帯、最近のですか?」とか。そこから相手の趣味などが分かることがありますし、話が膨らむキッカケとなることもあります。

 

もう1歩踏み込んでみる

質問をして相手から回答があった場合、そこからもう1歩だけ踏み込んでみましょう。そうすることで、会話を広げるためのキッカケとなります。

たとえば、「好きな食べ物は何ですか?」と質問をして「カレーです」という回答なら、「私もカレー好きなんですよ。おススメの店とかあります?」という感じで、もう1歩踏み込むわけです。どんどん話題を深掘りすることが出来ますから、これで話題を広げていきましょう。

 

距離感の縮め方

相手に共感する

相手のことがだんだん分かってきたら、共感してみましょう。何かしらの共通点が見えてくるかもしれませんし、新しい発見があるかもしれません。なので、それに対して共感をしていくわけです。

人は、自分を認めてくれる人に対して、好意を持つ傾向にあります。なので、自分から積極的に共感する姿勢を持つことで、距離感を縮めていくことが出来ますよ。

 

相手への理解を示す

会話をしていると、相手との共通点が全くなく、別世界の人間であることもあるかもしれません。そういった場合であっても、相手を理解しようとする気持ちを持つことが大切です。自分が知らないことであっても、理解しようとすると「それ、どういうことですか?」と聞くことが出来ますよね。

知らないことは相手に聞けばいいわけですし、それで新しい発見を得ることもできます。接点が何もない人であっても、理解を示すことで距離感を狭くすることは可能です。

 

何らかのリアクションをする

相手の話にちゃんとリアクションを取ることは、非常に大切です。相手が冗談を言った時には、面白くなくても笑ってあげましょう。自慢話をされたら、ビックリしてあげましょう。そうやって、何かしらのリアクションをすることで相手との距離は縮まります。

最悪なのは、何も反応しないことです。それだと、相手につまらないと思われてしまいますから、話す気を奪ってしまいます。なので、ちゃんと意識的にリアクションをしてくださいね。

 

まとめ

人と会話するときには、話題を探すことも重要ですが、それよりも共感するということが必要になってきます。相手のことを理解して認めてあげることで、打ち解けることが出来るようになります。相手も人間ですから、ちゃんと感情を理解してあげないといけないわけですね。

以上を参考にして、新しい人と積極的にコミュニケーションを取ってみてください。自分の世界観も広がると思いますよ。

photo credit: digitalrob70

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - コミュニケーション, 会話の基本