スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

自分探しを成功させるための5つの秘訣。ただの現実逃避で終わらないために!

      2016/05/05

SnapCrab_NoName_2015-12-25_14-43-1_No-00

少し前に、「自分探しの旅」が流行した時期があります。世界中を旅して回ることで、本当に自分のやりたいことを見つけるということですね。そのため、若者たちがバックパックを片手に、海外へ行くのが流行っていました。

しかし、その多くの人たちが、単なる海外旅行で終わってしまって、自分のやりたいことを見つけることができていません。せっかくお金と時間を使ったのに、すべてが無駄になってしまったわけです。これだと、意味がありませんよね。

充実した人生を送るためには、本当の自分を探すことが不可欠です。ですから、自分探しを成功させるための秘訣を知っておきましょう。

スポンサーリンク


 

自分探しに失敗する理由とは?

目的が不明確

漠然と自分を探そうとしても、何も見つかることがありません。俗にいう自分探しとは、「今よりも凄い自分になりたい」という意味が込められています。だから、「大きなことをするぞ!」などと、漠然とした動機になってしまいがちなんですね。

しかし、自分が満足できる基準や得意な方向性などが決まっていなければ、本当にやりたいことは見つからないわけです。自分探しという行為が目的となってしまうので、本末転倒になりがちだといえます。

 

外部に答えを求めてしまう

自分探しをする人は、求める答えが外部にあると思っています。しかし、実際には自分の内面にあるわけですね。自分のやりたいことを見つけるためには、自分の心を見つめ直すしかありません。

だから、外部にあるものを探したとしても、それがやりたいことに繋がるわけではないということです。自分探しの旅に出ても無駄に終わってしまうのは、こういった理由があるからです。もっと自分の内面と向き合って、心の底にある願望を探す必要があります。

 

目的がブレてしまう

自分探しの旅に出ると、慣れない場所なので不安が大きくなります。食事やホテル、移動など、考えることが非常に多いわけですね。そういった状況だと、自分探しどころではありません。かなりテンパってしまうでしょうから、1日を乗り切ることが目的になるわけですね。

また、先述したように、明確な目的意識が無ければ、漠然としたままで1日が終わってしまいます。無駄に毎日を過ごすことだけで必死になるので、自分を見つけることができません。だから、本当の目的は何なのかを、常に意識しておく必要があります。

スポンサーリンク


 

自分探しを成功させるための5つの方法

自分の興味に従う

身の回りで興味を持ったモノに対して、全力で取り組んでみましょう。色々なものに手を出していけば、本当に追求したいものに出会えるはずです。だから、いつもとは違った行動をして、色々なものを見た方が良いですね。

ただ、興味を引かないことに対しては、時間を割かないようにしてください。自分探しの旅に出ると新しい体験ができますが、食事やホテル、移動などで無駄な時間を費やしてしまいます。なので、意外と新しい経験ができない場合が多いわけですね。

そのため、日常生活の中から、興味を引くものを探した方が良いでしょう。

 

好きなことを追求する

今現在、自分が好きなものに対して、本気で取り組んでみましょう。好きなことというのは、本当にやりたいことである場合が多いです。「好きこそものの上手なれ」と言われるように、好きなことに対しては上達も早くなります。

だから、それを一生の仕事にすることも可能なわけですね。実際、好きなことを追求して、生活をしている人は多いです。自分の生きがいを見つけることができるかもしれないので、自分の好きなことは何かを考えてみてください。

 

得意なことを考える

好きなこと以外にも、得意なことを考えることも大切です。人には誰でも、好きではないけど得意なことがあるはずです。特別な練習をしなくても、周りの人よりも上手くできることがあったりします。

そういったものの中に、自分がやりたいことがあるかもしれません。「今でしょ!」でお馴染みの林修先生は、人に教えるのが得意だったから予備校講師になったようです。別に、予備校講師が好きだったわけではないんですね。

だから、好きなことが無かったとしても、得意なことを考えるようにしましょう。その中に、自分探しのヒントが隠されているはずです。

 

5W1Hに沿って考える

自分のやりたいことを、5W1Hに沿って考えるのはおススメです。自分の中の漠然とした考えを具体的にすることができるので、モヤモヤした気分を払しょくすることができます。たとえば、以下のような感じで、考えるようにしてください。

  • When:どういう時間を過ごしたいか?
  • Where:どういう場所へ行きたいか?
  • Who:誰と過ごしたいか?
  • What:何をしたのか?
  • Why:なぜしたいのか?
  • How:どんな方法でするのか?

これらの質問に答えることで、かなり具体的な答えを導くことができます。やりたいことがハッキリとしない人は、こういった考え方をしてみてください。

 

自分をプロファイリングする

自分のことを客観的に見ることができれば、進むべき方向性を決めることができるかもしれません。そのために、自分のプロファイルを作るようにしましょう。自分の価値観や考え方を明確にすることで、これからどうするべきかが見えてくるはずです。

  • 好きなこと
  • 嫌いなこと
  • 絶対にやりたくないこと
  • 誰にも譲らない大切なもの

引用:自分が本当にやりたいことを見つける6つの方法

これらを紙に書き出してみましょう。自分では気付かなかったことが分かるので、自分探しには最適だといえます。意外な答えが見つかるかもしれませんから、試してみると良いですね。

 

以上、自分探しをするための方法を紹介しました。自分が求めていることが分からないなら、これらを参考にしてみてください。本当の自分を見つけることができれば、充実した人生を送ることができるはずです。

photo credit: Deepdream #4

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - ライフハック, 自己成長