スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

コミュニケーションには質問力が重要!質の高い質問のための知識とは?

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-26_8-50-30_No-00

社会人にとっては、質問のスキルは非常に大切です。就職活動の面接の際にも、応募者の質問内容を細かくチェックする企業もあります。会議や打ち合わせなどでも、質問の仕方で理解度が分かってしまうので注意が必要です。

どんな質問をするかで、その人の実力が判断できますから、的を得た質問が出来るように工夫を行いましょう。「何か質問はありますか」と聞かれて、何も答えられないのはもったいないことだと思います。

なので、正しい質問の仕方を学ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

質問するときのコツ

できる限りシンプルにする

会議やセミナーなどでは、自分が質問できる時間は限られています。なので、簡潔でシンプルな質問をすることが望ましいです。「もし、○○だったらどうでしょうか?」と一文で伝えられる内容が最もベストでしょう。

「○○とは、何でしょうか?また、△△はどうでしょうか?」と、質問が長くなってしまうと回答が絞れなくなってしまいます。複数の質問を一度に投げかけるのも、相手に負担をかけるので避けた方が望ましいです。

 

中立的な立場を意識する

自分の意図する方向へ、回答を導こうとしないでください。たとえば、「それは、○○ということですよね?」といった質問方法です。こういう質問をすると、自分の予想できる回答しか返ってこないので、新しい気付きがありません。

なので、特定の答えを引き出そうとするのではなく、「○○について、どう思いますか?」と自由に答えられる質問をしてください。そうすれば、相手も答えやすくなりますし、その後の話題も広がりやすくなっていきます。

 

相手の感情を聞く

誰にでも答えやすい質問として、感情を聞くという方法があります。これは、「○○の件で、どう感じますか?」といった質問です。こういう質問をすると、深く考える必要が無いので答えやすくなりますよね。自分が思ったことを答えればいいわけなので、話のキッカケ作りとしても有効な質問です。

そして、緊張をほぐしてから、徐々に深い質問へ移行していくのが良いでしょう。あまり親しくない人との会話においては、非常に使いやすい質問だといえます。なので、状況に合わせて使い分けるようにしてください。

 

新しい気付きを与える質問

これはかなり高度なスキルですが、相手に気付きを与えられる質問ができると良いです。質問されるまで相手が思いもしなかった答えが導き出されれば、それはクリエイティブな質問だといえます。新たな発見があると、その会話は意味のあるものになりますよね。

なので、相手の話を注意深く聞いておいて、「何故そう思うのか?」「別の方法だとダメなのか?」といった質問を投げかけてみてください。そうすれば、相手は新しい気付きが生まれるかもしれませんし、自分にとっても貴重な話が聞けることになるでしょう。

スポンサーリンク

 

実践的な質問力について

日常会話での質問

普段の会話を弾ませるためには、相手に気持ち良く話してもらうことが大切です。そうすれば、色々な話を引き出すことができるので、話題に困ることがありません。基本的に、人は話すことが好きですから、どんどん話させるようにしましょう。

なので、相手が話したい話題について、質問をするのが効果的です。たとえば、苦労話や自慢話などですね。誰でも、自分のことをスゴイと思ってもらいたいわけなので、苦労話や自慢話を聞きだして褒めるようにしてください。

これさえ心がけていれば、誰とでも打ち解けて話せるようになるはずです。

 

ビジネスの現場での質問

会議や打ち合わせで心掛けることは、正確に意思疎通を図ることです。お互いに認識のズレがあると、重大なミスにつながる恐れがあるので注意しないといけません。なので、曖昧なポイントを残さないように、意識をしておいてください。

そのためには、具体的で本質的な質問をする必要があります。相手の言葉の意味を正しく理解して、正確にコミュニケーションができるように意識しましょう。なので、「それは、○○という意味でしょうか」と念押しをしたり、「つまり、○○ということですね」と要約をすることが大切ですね。

ビジネスの現場では、正確なコミュニケーションが求められます。なので、疑問点が残らないように質問をしていきましょう。ミスがあるとお互いにマイナスになりますから、遠慮せずに不明点は聞いていくことが求められます。

また、「ビジネスマンが身に付けるべき質問方法」も参考にしてください。

 

相手の本音を聞き出す質問

実際のコミュニケーションでは、なかなか本音で話し合えることが少ないですよね。相手に気を遣って遠慮してしまったり、見栄を張って誇張して話してしまったりします。なので、相手の本音を探るためには、質問のテクニックが重要となります。

たとえば、「○○について教えてよ」と、アドバイスを求めるのは有効です。自分が下手に出て聞くことで、相手の知識量を見極めることができます。この時には、自分は未経験だと強調することが大切ですね。その分野において信頼できるかも見ることができるので、アドバイスを求めるのは使える質問方法です。

また、「友達の話なんだけど・・・」と、他人のふりをして聞いてみるもの良いですね。自分のことだと聞きづらい事でも、他人のこととしてなら気軽に質問することができます。なので、ケースバイケースで使い分けてください。

 

以上、質問力を向上させる知識を紹介しました。日常生活からビジネスの場面まで、使える場所が多いです。なので、知っているだけでもメリットがあると思います。コミュニケーション能力を高めるためにも、効果的な質問ができるようにしておきましょう。

photo credit: Oberazzi

 - コミュニケーション, 仕事での会話