スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

二度寝を防止するための5つの方法とは?遅刻や寝坊を防ぐための秘訣。

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-25_15-29-18_No-00

朝に目覚まし時計が鳴っても、「あと5分・・・」といって二度寝をしてしまうことがありますよね。すると、起きるのが遅くなってしまって、寝坊に繋がってしまいます。会社や学校に遅刻してしまうので、周りの人に迷惑を掛けてしまうでしょう。

また、二度寝を繰り返すことで、体内時計が狂ってしまう可能性があります。なので、日中でも眠たくなってしまい、疲れが溜まってしまうわけです。二度寝をしても良いことはありませんから、すぐに起きられるように気を付けてください。

ここでは、二度寝を防止するための秘訣を紹介します。

スポンサーリンク


 

二度寝をしてしまう原因とは?

夜更かしや睡眠不足

ゲームやチャットなどをして夜遅くまで起きていると、睡眠時間が短くなってしまいます。十分な睡眠を確保することができなければ、起きたとしても眠気が取れないので二度寝をしてしまうわけですね。

6~8時間程度が適切な睡眠時間だと言われているので、それくらいの時間は確保できるようにしてください。早く寝ることを意識していれば、自然と睡眠時間は多くなります。夜更かしは健康に良くありませんから、気を付けるようにしてください。

 

習慣化している

毎日のように二度寝を繰り返していると、それが習慣となってしまいます。二度寝をするのが当たり前になっているので、眠くなくても癖で寝てしまったりするわけです。そうなっている人は、少しずつ習慣を変えていかなくてはいけません。

意識的に一度で起きることを繰り返していくことで、二度寝の習慣を無くすことができます。習慣を変えるためには根気が必要となりますから、頑張って続けるようにしてください。二度寝の習慣を、一度で起きる習慣に変えることが大切ですね。

 

現実逃避をしている

会社や学校へ行くのが嫌な人は、朝に起きられない可能性が高くなります。これは、心理的に起きるのを拒否している状態で、現実逃避として二度寝をしてしまうからですね。現実と向き合いたくないから、何も考えなくて良いように眠ってしまうわけです。

この状態が続くと、うつ病などの精神疾患にかかる可能性が高いです。なので、現実逃避の原因となっている要素を、取り除くことから始める必要があるでしょう。場合によっては、転職や転校が必要になるかもしれません。

スポンサーリンク


 

二度寝を防止するための5つの方法

目覚まし時計を工夫する

有名な方法としては、目覚まし時計をベッドから離れた場所に置くということですね。こうすることで、時計を止めるために布団から出る必要があるので、そのまま起きることができるという方法です。かなり古典的な方法ですが、かなりの効果が期待できます。

また、目覚め視時計を複数用意するというのも有効でしょう。時計を3つほど用意して、5分おきに鳴るようにセットしておきます。そうすれば、仮に二度寝をしたとしても、すぐに別の時計が鳴り出すので起きることができるはずです。

最近だと、スヌーズ機能がある目覚まし時計が多いですし、スマートフォンにも目覚まし機能があります。なので、そういったものを最大限に使ってみてください。

 

ストレッチを行う

目覚まし時計を止めたら、すぐにストレッチを行ってください。布団の上で脚や背中を伸ばすことで、全身の血行を良くすることができます。すると、脳に酸素が送られますから、目が覚めてスッキリとするわけです。

特に、朝起きてすぐは、頭がボーっとしています。だから、体を動かさないと、すぐに眠たくなってしまうわけですね。そのため、全身のストレッチをすることで、細胞を目覚めさせることが重要だといえるでしょう。

 

カーテンを開けて寝る

寝るときにカーテンを開けておくと、朝になると自然と太陽光が部屋に入ってきます。人は朝日を浴びることで、メラトニンの分泌が止まって目が覚めるようになります。だから、強制的に朝日を浴びる環境を作れば、勝手に目が覚めるということですね。

また、起きてすぐに朝日を浴びることで、体内時計を正常化することができます。起きてすぐにメラトニンの分泌が止まることで、それから14~16時間後に再びメラトニンが分泌されるようになります。なので、夜になると自然と眠気が起きるようになり、早寝早起きができるようになるということです。

 

勢いよく布団から出る

目覚まし時計が鳴ったら、勢いよく布団から飛び出しましょう。いつまでもダラダラと布団の中に残っていると、眠気が覚めることはありません。なので、さっさと立ち上がって、動き回るようにしてください。

冬場だと布団から出るのが辛いかもしれませんが、思い切って飛び出してみてください。辛いのは最初だけですし、意外と寒気は感じにくいものです。起きてすぐに動作が大切なので、躊躇せずに行動するということが必要ですね。

 

寝る前に水を飲んでおく

寝る1時間ほど前から、多めの水を飲んでおきましょう。そうすると、朝起きるくらいには、トイレに行きたくなるはずです。どれだけ眠くてもトイレのためなら起きるはずなので、それを利用して二度寝を防ぐことができます。

また、睡眠中には大量の水分が奪われてしまうので、寝る前の水分補給は健康にも良いです。身体に潤いを与えることができますから、大量の水を飲んでおくようにしてください。

 

以上、二度寝を防ぐための方法を紹介しました。二度寝は百害あって一利なしですから、早めに改善できるようにしてください。早寝早起きの習慣をつけておけば、スムーズに起きられるようになるでしょう。

photo credit: Sleeping Beautiful

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - 健康, 睡眠