スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

頭が良い人の特徴や共通点とは?誰でも頭が良くなる5つの生活習慣

      2016/05/06

SnapCrab_NoName_2015-12-26_8-21-4_No-00

会話をしていると、頭が良いなと思う人がいますよね。そういった人は、仕事を上手くこなすことができるので、周りからの信頼も厚いはずです。また、学習能力が高いですから、どんな場所にも適応することができます。

学生時代はもちろん、社会人になっても頭の良さは必要でしょう。頭の良さは後天的に見に付けることができますから、自分は頭が悪いと思っている人でも大丈夫です。なので、普段から脳を鍛えることを意識しましょう。

ここでは、頭を良くするための方法を紹介します。

スポンサーリンク


 

頭が良い人に共通する能力とは?

理解力

理解力とは、物事の内容を正しく把握することができる能力のことです。頭の良い人は、すぐに本質を見抜いて、基本から応用まで幅広くこなすことができます。なので、仕事を効率よくこなすことができるわけですね。

これは生まれ持ったスキルではなくて、後からでも身に付けることができます。自分の今までの経験や知識を通して、物事を把握すれば良いわけです。ですから、日頃から色々な経験を積んでおくことが大切ですね。

 

発想力

常識に捉われずに、新しいアイデアを思いつくことができる能力です。頭の良い人は固定観念がありませんから、自由に考えることができます。そのため、他の人が考えないような方法を使って、大きな結果を出すことができるわけです。

柔軟に発想できるようになれば、自分のスキルの幅も広くなるでしょう。また、何かを思いついたとしても、それを形に出来なくては意味がありません。なので、アイデアを実現する力を含めて、発想力だと言えるでしょう。

 

整理力

これは情報を取捨選択して、必要な部分だけを抜き出すことができる能力ですね。複雑な物事でもキレイに整理することができれば、すぐに内容を理解することができます。シンプルに考えることができるようになるので、短時間で知識を吸収できるわけです。

これは、何かを説明する時にも役に立ちますよね。言いたいことを整理して伝えることができるので、聞き手はスムーズに情報を知ることができます。複雑に考えると混乱してしまいがちですから、自分の基準で整理できるようにしないといけません。

 

記憶力

単純に、記憶力が高い人は頭が良いですよね。すぐに情報を覚えることができれば、その場で仕事に生かすことができます。新しい知識を身に付けるときにも、記憶力が高いほど早く適応することができますよね。

世の中は情報で溢れかえっていますから、必要な情報を記憶できる能力は重宝します。周りの人からも一目置かれるようになりますので、しっかりと覚えられるようにしましょう。日頃から覚えることを意識しておくと、自然と記憶力は高くなっていくはずです。

 

伝達力

自分の思っていることを的確に伝えることができる人は、頭が良いと言えるでしょう。難しいことを分かりやすく説明できると、知的な印象を与えることができます。また、説得力も高くなるので、リーダーシップを発揮することもできますよね。

ですから、役職に就いている人は、伝達力が無いといけません。物事をしっかりと噛み砕いて、簡単な言葉で説明できるようにしてください。

スポンサーリンク


 

頭を良くするための5つの習慣

幅広いジャンルの本を読む

読書をすることで、脳を活性化させることができます。そして、新しい知識を付けることもできるので、教養を深められるわけですね。なので、本を毎日読むことを習慣にしてみると良いでしょう。

そして、ポイントとしては、幅広いジャンルの本を読むということです。人間の脳は、新しい情報に出合ったときに活性化する傾向にあります。なので、知っているジャンルよりも、知らないジャンルの本を読んだ方が良いわけですね。

そうすることで、自分の判断基準が増えていくので、色々なことを考えることができるでしょう。

 

頭の良い人と行動する

自分の周りに頭の良い人がいたら、その人と行動を共にしてください。そうすれば、自分にとっても良い影響を受けることができるはずです。その人の考え方や行動パターンなどを知ることで、参考になる部分は多いと思います。

また、頭の良い人は会話力に長けているので、そういった人と話すことでコミュニケーション能力の向上にも繋がります。ですから、自分の目標をする人を見つけて、その人と多くの時間を過ごすようにしましょう。

 

文字を書く

最近はパソコンやスマホが普及しているので、手書きの文章を書く機会が減ってきましたよね。でも、文章を書くという行為は、脳を刺激するのに最適です。だから、自分の考えていることを文章として書くことで、頭の中を整理することができるようになります。

なので、日記を書くことを毎日の習慣にすると、自然と頭が良くなるはずです。その日に起きたことや考えたことを文字に起こすようにすれば、脳が活性化して頭が良くなるでしょう。最初は面倒に感じるかもしれませんが、毎日続けるようにしてください。

 

頭に良い食品を食べる

食べるだけで、脳が活性化する食品があります。なので、そういった食事を毎日心掛けていれば、頭の回転が速くなるでしょう。たとえば、大豆製品などは有名ですよね。レシチンという成分が入っているので、脳の情報伝達が活発となります。

また、魚に含まれるDHAにも、脳神経を発達させる効果があります。青魚に多く含まれているので、刺身などを食べると良いでしょう。後は、ご飯などの炭水化物も、脳の栄養源として大切です。ダイエットで炭水化物を抜いてしまうと、脳の栄養が不足するので気を付けるようにしてください。

 

自分の考えを積極的に話す

自分の頭で考えたことを、言葉にする習慣を付けましょう。人から聞いたことや書籍の受け売りではなくて、自分の言葉で伝えるようにするわけです。情報を整理して言葉にする作業は、脳をフル回転させなくてはいけません。

分かりやすく伝えるための工夫が必要となりますから、毎日続けることで頭が良くなるということですね。また、自然とコミュニケーション能力の向上にも繋がるので、周りの人と上手く話せるようにもなるはずです。

 

以上、頭を良くするための方法を紹介しました。毎日の生活習慣に気を付けるだけで、頭を良くするということは可能です。長い年月をかけて自分を高めていくものですから、向上心を持って毎日を過ごすようにしてください。

photo credit: But I love to learn about dreams.

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - ライフハック, 自己成長