スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

喜ばれる親孝行を10個紹介します。両親への感謝の気持ちを伝えよう!

      2015/12/25

3310487183_323e3376e4_z

子供の頃は思わないですが、ある程度大人になると親孝行をしたいと思うようになりますよね。親が高齢になってくると、何か喜ぶことをしてあげたいと考えるはずです。「親孝行したい時には親は無し」という言葉がありますが、早いうちに親孝行しないと親が亡くなってしまうかもしれません。

でも、いざ親孝行をしようと思っても、何をすれば良いのかが分かりませんよね。少し恥ずかしい気持ちもしますから、面と向かってお礼を言うのも気まずいでしょう。なので、どんなことで親が喜ぶのかを知っておいてください。

ここでは、喜ばれる親孝行の方法を紹介します。

スポンサーリンク


 

おススメの親孝行10選

プレゼントを贈る

これは、親孝行の定番ですよね。誕生日や結婚記念日などに、何かしらのプレゼントを贈るようにしてください。離れて暮らしていても、ネットで注文すれば指定した日に届けることができます。

高価なものを贈る必要はありませんから、親が喜びそうなものを選びましょう。最近だと、グルメギフトなどが人気のようです。自由に選んでもらえるので、不要なものを贈ってしまう心配はありません。

 

一緒に買い物をする

高齢者にとっては、日常の買い物なども重労働となります。だから、たまに帰省した時には、一緒に買い物へ行って重たい荷物を持ってあげましょう。お米や水、お酒などは、持ち運ぶのも大変ですよね。だから、重たいものをまとめ買いすることで、親の負担を減らすことができます。

また、洋服などを選んであげるのも良いかもしれません。自分が親の服をコーディネートしてあげることで、きっと喜んでもらえるはずです。一緒に買い物へ行くのは、親にとっては楽しい時間だと思います。同じ時間を過ごすことができますので、買い物を利用して色々な話をしましょう。

 

昔の写真を一緒に見る

自分が子供の頃の写真を、親と一緒に見ましょう。過去の思い出が蘇ってくるので、懐かしい話ができるかもしれません。子育てのエピソードなどを話すことで、親はきっと喜んでくれるでしょう。

また、親の子供の頃の写真なども、見ると良いですね。親が若かったころの話を聞けば、きっと盛り上がるはずです。こういった懐かしい話をするだけでも、立派な親孝行と言えます。親のありがたみを実感することもできますから、色々な話を聞いてみてください。

 

親の趣味に付き合う

親が昔からやっている趣味を、一緒に挑戦してみてください。子供と一緒に出来るのであれば、親としては嬉しいはずです。得意げに色々と教えてくれるはずなので、良い親孝行となるでしょう。

たとえば、釣り好きの親なら、一緒に川へ出かけましょう。楽器が趣味なのであれば、一緒に演奏すれば良いでしょう。映画が好きなら、思い出の映画について聞いてみるのも良いですね。このように、自分の両親の趣味に合わせて一緒に時間を共有してください。

 

お酒を酌み交わす

親と一緒にお酒を飲むことで、深い話をすることができるでしょう。お酒が入れば、普段できないような話もできるはずです。酔いに任せて、今までの感謝の気持ちを伝えるようにしてください。

また、今まで気付かなかった、親の意外な一面を見ることができるかもしれません。子育ての時の苦労話や自分が反抗期だった時の話、子供に対してどんな気持ちを持っているかなど、貴重な話を聞くことができるでしょう。

親にとっても自分にとっても、かけがえのない思い出になるはずです。

スポンサーリンク


 

孫の顔を見せる

結婚して子供がいるなら、孫の顔を見せてあげてください。それだけで、親にとっては非常に嬉しいことだと思います。孫に会うのが年に一度の楽しみという人も多いですから、正月などにはできる限り帰省するようにしましょう。

また、孫の写真を頻繁にメールで送るのも良いですね。最近だと、インターネットの普及によって、写真のやり取りが簡単になりました。スマホですぐに送ることができますから、色々と送ってあげてください。

 

旅行へ行く

ある程度の時間があるのなら、親と一緒に旅行へ行くのも良いですね。温泉などに行けば、ゆっくりできるので親も喜ぶでしょう。また、両親の思い出の場所などへ行くのも、良いと思います。

最近だと、旅行会社なども親孝行のためのプランを用意していたりします。高齢者向けの旅のプランなどがありますから、親の年齢が高くても問題ないでしょう。自分の時間が取れないのであれば、旅行券をプレゼントするなども良いですね。

 

家族で写真を取る

親元を離れると、家族で写真を取ることがありませんよね。なので、たまに帰省した時には、家族全員で写真を撮りましょう。毎年、同じ場所で撮るようにすれば、時の流れを確認することができるはずです。

写真というのは思い出を残すために大切ですから、できる限り多く撮るようにしてください。たまにしか会うことができないなら、親にとっては貴重な宝物となるはずです。なかなか会う機会が無い時には、自分の写真をメールで送ってあげるのも良いでしょう。

 

手紙を書く

普段はメールでやり取りをしているでしょうが、たまには手紙を書いてみるのも良いでしょう。直筆で書くことで気持ちが伝わりますし、自分でも字を書くことで親に対する感謝の心が湧いてくるはずです。

また、思い出の品として残すことができるので、両親にとっては宝物になるでしょう。文字を書く機会が減っている現代ですが、気持ちを伝えるために手紙は効果的です。自分の家族の写真などを添えて、送ってみてください。

 

一緒に食事をする

少し高めのレストランを予約して、両親を招待してみてください。食事をするのは楽しい時間ですし、家族全員で食べると一層楽しくなるはずです。自分のお金でご馳走することで、立派な社会人だとアピールすることができます。きっと、親としても安心できるでしょう。

また、料理ができるのであれば、自分で作ってみるのも良いですね。子供の手料理を食べることで、きっと喜んでもらえると思います。一人暮らしをしているのなら、多少は料理が上手くなっているはずですよね。だから、自分の腕を披露してみてください。

 

以上、喜ばれる親孝行の方法を紹介しました。親孝行をしようと思っていても、なかなか実行に移すことができない人が多いでしょう。しかし、いつまでも親が健在とは限りませんから、できるだけ早めにしてあげた方が良いですね。

photo credit: 0002-H25 Slikkerveer

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - ライフハック