スキルアップ堂

ビジネススキルの向上について紹介するサイトです。ライフハックや仕事術についてのコンテンツを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

先延ばし癖を改善するためのコツとは?やるべきことを後回しにしない!

   

  • 夏休みの宿題をギリギリまで放置してしまう
  • ダイエットがなかなか始められない
  • 締め切りが近いタスクを後回しにしてしまう

このように、やるべきことがあるのに、先延ばししてしまうことはありませんか?
早くやればいいのに、後になって慌ててしまう人は多いですよね。

先延ばしするほど仕事が溜まってしまうので、どんどん自分の首を絞めることになります。
時間を有意義に使うためにも、仕事は早く終わらせるに越したことはありません。

ここでは、先延ばし癖を直すコツを紹介するので、参考にしてください。

やるべきことの先延ばしは自分をダメにする!

誰でも仕事を後回しにすることはありますが、それが癖になっている人は注意が必要です。
先延ばし癖が付いてしまうと、色々な悪影響があります。

たとえば、以下のような影響がありますね。

  • ストレスが溜まってしまう
  • 自己嫌悪を感じてしまい自信を失う
  • 周りからもダメ人間だと思われる

まず、やるべきことを先延ばしにすると、常に心のどこかで気になってしまいます。
「そろそろ片づけないと」「まだ大丈夫かな?」「いつからやろうか」など、プレッシャーが掛かってくるわけです。

楽をしたいから先延ばしにしたのに、精神的には余計にダメージを受けることになります。
それがストレスになってしまい、疲れが溜まってしまうでしょう。

そして、すぐに取り掛かれない自分に対して、自己嫌悪を感じることがありますね。
「何でできないんだろう」と悩んでしまうことで、自分のことが嫌いになってしまいます。
自信も失うことになり、余計に仕事ができなくなりがちですね。

あとは、周りからの評価も下がると思います。
仕事が遅い人って、どんな会社でも評価されません。

クオリティが高いなら良いのですが、何もせずに後回しにしているだけですから、質の高い仕事なんてできないでしょう。
先延ばしにすることで、自分の評価を落としてしまいます。

このように、やることを先延ばしにしても、良いことなんて一つもありません。
自分をダメにしてしまうだけですから、なるべく早めに片付けられるようになりましょう。

スポンサーリンク

先延ばしにしてしまう原因

忙しくて時間が無い

「忙しい」が口癖の人は、何でも先延ばしにしがちです。
そういう人に限って、大して忙しくないことが多いですね。
忙しいと自分で思い込んでいるから、手を付けるのが遅くなります。

本当に忙しかったとしても、ちゃんとタスクの整理をすれば対応できるはずです。
自分の効率の悪さを言い訳にして、先延ばしにしてはいけません。

やりたくない

やりたくない仕事は、先延ばしにしてしまいますよね。
宿題や試験勉強、ダイエットなど、大抵のことは当てはまると思います。

好きじゃなかったり、面倒だと感じることほど、すぐに取り掛かることができません。
自発的にやりたいと思えることでないと、ほとんどの人は先延ばしにしてしまいます。

実現する自信がない

大きなことにチャレンジするときには、「失敗したらどうしよう」といった不安がありますよね。
そういった不安や恐怖があると、行動を先延ばしにしてしまいます。

失敗したら苦労が台無しになるわけですから、それを恐れて行動することができないわけです。
完璧主義な人ほど、このような傾向が強くなります。

モチベーションが上がらない

いつもは行動できる人でも、なんとなく気持ちが乗らないことがあるでしょう。
人には感情の浮き沈みがあるために、モチベーションが下がってしまうことが少なくありません。

そんな時には、楽な方へ流れてしまって、やるべきことを後回しにする傾向がありますね。

スポンサーリンク

先延ばし癖を克服するための方法

やるべきことを紙に書いて整理する

やることが多すぎて、何から手を付けて良いか分からない場合があります。
そういった時には、タスクを紙に書き出して一覧表にしてみてください。
視覚的に見える状態にすることで、物事の優先順位を付けやすくなります。

全体像が見えないから、頭が混乱して行動ができなくなるんです。
紙に書けば意外とシンプルだったということが分かりますし、重要なことと不要なことの区別もつくでしょう。

頭の中だけで考えるのではなく、紙に書いてアウトプットすることを心がけてみてください。

仕事の効率化をはかるTODOリストの5つの法則とは?

起こりうる問題点を整理する

心の中に不安や恐怖心があると、すぐに行動することができません。

不安があることで行動できる人もいるのですが、逆に不安があると現実逃避で別のことをしたがる人もいます。
後者の場合だと、不安や恐怖がある限り、どんどん先延ばしにすることになりますね。

多くの研究データによると、衝動性が低い人の場合、不安が何かを始めるきっかけになることが分かっている。
一方、衝動性が高い人は、不安を感じると行動を中断する。

スティール教授によると、衝動性の高い人は、強い感情に対応するのがより大変なため、その嫌な感情を取り払うために何か別のことをしたがると考えられている。

引用:ウォールストリートジャーナル

不安や恐怖を無くすためには、これから起こりうる問題について整理することが大切です。
問題を整理して、その対処法を考えておきます。

そういった心の準備をすることで、不安や恐怖心といったものは無くなっていきますね。
できる限りの想定をしておけば、自信をもって行動できるようになるでしょう。

大きなタスクは小さく分割する

あまりに大きな仕事があると、やる気を失ってしまいますよね。
実現できる見込みが見えないために、行動する気力を無くしてしまうわけです。

たとえば、42.195kmのフルマラソンを走れと言われたら、誰だって無理だと思ってしまうでしょう。
大きすぎるタスクでは、モチベーションは上がりません。

だから、できるだけ小さなタスクに分割することから始めて下さい。
42.195kmのフルマラソンではなく、1kmとか3kmなどの小さな距離だとできそうな気がしますよね。

それと同じように、50ページの資料を作成するというタスクがあれば、まずは1ページから始めてみるわけです。
小さく分けて行えば負担は少ないですし、確実に行動できるようになるでしょう。

思い切って休んでみる

やるべきことばかり考えていると、どんどんストレスが溜まってしまいます。
それで精神的に疲れてしまって、行動できなくなることがありますね。

なので、しっかりと休息を取ってリラックスすることも大切です。
気持ちを落ち着かせておけば、全開で仕事に取り組むことができるでしょう。

また、少し仕事をしたら、すぐに休むのもコツですね。
無理をしないと決めておけば、体への負担が少なくなるので先送りしないようになります。

完璧主義を捨てる

何でも完璧にやろうとすると、なかなか行動することができません。
些細なことまでこだわろうとするから、面倒臭くなって先延ばしにしてしまうわけですね。

100点を取るべきだと思い込むことで、行動できなくなってしまいます。
完璧主義な人ほど、このような思考になりがちです。

なので、未完成でも良いから行動に取り掛かる癖を付けましょう。
どれだけ頑張っても100点は取れないわけですし、まずは動き出すことが大切となります。

30点くらいの完成度を目指して、まずは取り掛かってみるようにしてください。
そういった考えの方が、上手くいくことは多いですよ。

完璧主義をやめるための7つのコツとは?

脱・完璧主義で生産性を高める4つの方法

自分へのご褒美を用意する

ご褒美を用意すると、モチベーションが上がるのは有名ですよね。
一般企業でも、成果を出すことでインセンティブなどの報酬を用意していることが多いです。

なので、タスクを終わらせたときに、自分なりの報酬を用意しておきましょう。
たとえば、欲しかったカバンを買うとか、大好きなケーキを食べるとか、何でも構いません。

自分がモチベーションが上がることを考えて、ご褒美にすると良いでしょう。

ただ、この方法や長期的に行うと成果を出せないことが分かっています。
人間は慣れてしまうので、報酬を用意しても頑張れなくなってくるんですね。

そういった時には、「先に報酬を与える」という方法がおススメです。
これは、ハーバード大学の研究で明らかになっている方法で、先に報酬を当てておいて、達成できなければ取り上げるというプロセスを踏みます。

ハーバード大学の研究は、報奨のやり方を変えることによって生徒の成績が劇的に上がることを発見した。
教師たちに(生徒たちにではない!)事前に報奨を与え、クラスの成績が上がらなければそれを取り上げると脅すことによって、生徒たちの成績は実際に上がったのだ。

引用:TechCrunch

人間は失うことを恐れる心理があるので、先に報酬を与えることでそれを失わないために頑張ろうとするわけです。
この方法を取り入れれば、問題を先送りせずに即座に取り掛かることができるでしょう。

プラスとマイナスの両面で考える

短絡的な思考で物事を先延ばしにしてしまう人は、もっと先のことを考えるようにしてください。

  • 先延ばしにすると、どんな悪いことが起きるか?
  • 今すぐやれば、どんな良いことが起きるか?

少し考えれば、今すぐにやった方が良いことは分かりますよね。

後回しにすることで、仕事が遅れて誰かに迷惑を掛けるかもしれない。
時間が経つごとに予定が詰まってしまい、余裕が無くなってしまう。
焦って取り掛かることになるので、ミスをしやすくなる。

このように、物事を先延ばしにすると、悪いことばかり起きてしまいます。

一方、今すぐにやれば、良いことばかりです。

仕事が早く終われば、周りとの連携も上手くいく。
時間に余裕を持って行動できる。
何度も推敲することができるので失敗をしにくい。

冷静に考えることで、今すぐ行動することのメリットが分かるでしょう。
短絡的に逃げるのではなく、長期的に考えれば先延ばしの癖は改善しやすくなりますよ。

先延ばし癖に関する本

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

脳科学やDNAなどの観点から、人間が先延ばししてしまうメカニズムを紹介している本です。
グラフや実例なども豊富なので、誰にとっても分かりやすい内容だと思います。

また、自己診断シートが入っているため、自分が先延ばししてしまう原因を知ることができます。
自分の何がダメなのかが分かりますから、主体的に行動できるようになるでしょう。

「先延ばし」にしない技術

15万人以上の行動習慣を変えた心理学者による、実行力を身に付ける方法が紹介されている本です。
「たった1%の変化を加えるだけで、人生は大きく変わる」という主張がされており、自分を変えるためのヒントがたくさんあります。

特に、「逆算スケジューリング」と「開始デッドライン」という手法は、知っておいて損はありません。
何でも後回しにしがちな人には、ぜひ読んでもらいたいですね。

以上、先延ばし癖を直すための方法を紹介しました。

やることが溜まってしまうと、後で苦労するのは自分です。
時間を有意義に使うためにも、さっさと行動できるようになりましょう。

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたの隠れた魅力を引き出す方法

あなたは、自分の強みを理解していますか?
自分の適性を知ることができれば、周りのライバルに大きな差を付けることができますし、向いている仕事もすぐに見つかるでしょう。

実は簡単な性格診断を受けることで、自分の強みを分析することができます。
これを活かせば、仕事やプライベートも充実するはずです。

3分で終わる診断ですから、ぜひやってみてください。

⇒リクナビネクストの性格診断はコチラ

 - タイムマネジメント, 仕事術