転職のメリット・デメリットについての理解

転職のメリット・デメリットについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職市場の現状を知ろう」では、転職市場を取り巻く状況について解説をしました。転職の現状について知ると、転職そのものにメリットは少ないと感じるかもしれません。

 

会社に残るか、転職するかで迷っているとき、どうすればいいでしょうか?

 

何も考えずに会社を辞めてしまって、後悔をする人は少なくありません。一方、今の会社で働き続けて数年後に、「あの時に転職しておけば・・・」と思ってしまうこともあるでしょう。

 

自分の一生を左右する問題ですから、慎重に考えるべきだと思います。

 

ここでは、自分の道を決めるために、転職のメリットやデメリットについて解説したいと思います。

 

ただ、転職の是非は将来的に分かるものであって、職を変えた段階では何も実感できないでしょう。また、個人の能力や価値観、業種なども違うので、誰にでも当てはまるようなものではありません。

 

なので、一般論としてのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

転職のデメリットについて

 

転職におけるデメリットとして、以下のようなものがあります。

 

  • 退職金、企業年金が不利になる
  • 福利厚生などの待遇が不利になる
  • 問題が解決するとは限らない
  • 社会的信用が低下する

 

注意するべきなのが、経済的な問題ですね。

 

収入アップを目指して転職を考える人も多いと思いますが、将来的に収入が減ってしまうリスクがあります。35歳以上での転職だと年収が下がる可能性が高いので、よく考えてから行動に移すようにしてください。

 

順番に解説をしますね。

 

 

退職金、企業年金が不利になる

 

退職金や企業年金は、勤続年数が多いほど有利になる仕組みとなっています。長く勤めるほど、多くのお金がもらえるということですね。

 

一度転職をしてしまうと、それらがリセットしてしまいます。

 

以下の表を見てください。

 

勤続年数 退職金(万円)
大卒〜 2,026
30歳〜 1,869
35歳〜 1,286
40歳〜 968

就労条件総合調査」より

 

上記の表は、転職における退職金の推移を表したものです。

 

勤続年数によって退職金額は変わりますので、若い方が将来的には有利ですね。もちろん、大卒から定年まで勤めることで、退職金が最大化されます。

 

つまり、年を取ってからの転職ほど、退職金は不利になっていくということですね。

 

また、年金なども転職時に加入漏れがあったり、空白期間が出来るとその分の支給がされませんので、不利になることが多いといえます。

 

 

ただし、最近では制度を変更する企業も出てきているので、前払い退職金や確定拠出年金といった制度を採用しているところも増えているようです。

 

前払い退職金 退職金を廃止する代わりに、毎月の給料に上乗せして支給
確定拠出年金 毎月掛け金を積み立てて、それを運用して老後に備える

 

こういった制度であれば、勤続年数に関係なく恩恵を受けることができます。

 

 

福利厚生などの待遇が不利になる

 

また、有給や早期退職、株式などの人事制度で、勤続年数が影響しているものがあります。基本的には、長く勤めている人ほど優遇されるシステムとなっているわけです。

 

転職をすると、満足のいく待遇が受けられないことがあるので、注意が必要です。

 

 

これは、賞与や給与などにも反映されます。

 

四半期ごとの評価によって支給される場合が多いため、期の途中から入社した場合、満額支給が受けられないことがよくあります。

 

 

他にも、現在の会社を退職後に、すぐに次の会社に入れればいいですが、空白の期間があった場合、その期間の収入が入ってきません。

 

自己都合退職の場合だと、失業保険が支給されるまでに3か月の待機期間があります。なので、ある程度の貯金を持っていない人は、生活が苦しくなってしまうでしょう。

 

早く転職先を決めたいからといって、焦って興味のない会社に貼ってしまったら本末転倒です。転職活動が長引くほど経済的なリスクも大きくなるので、覚えておくようにしてください。

 

ですから、転職をする時期やタイミングなどにも、注意をした方が良いですね。

 

 

問題が解決するとは限らない

 

人間関係や待遇面に不満があって転職をしても、転職先でそれが解決するとは限りません。

 

職場の人間関係は入ってみないと分かりませんし、求人情報の内容と実態が異なっていたというケースもザラにあります。

 

最悪の場合、前職よりもさらに過酷な状況になってしまう可能性だってあるわけです。そのため、転職に過度な期待をするのは避けた方が良いですね。

 

 

また、新しい職場に入ると、実績や信用、人間関係などを最初から構築する必要があります。なので、自分の負担が大きくなって、ストレスが溜まってしまうかもしれません。

 

自分が想定していなかった問題が起きる可能性もあるので、相応の覚悟はしておいてください。

 

 

社会的信用が低下する

 

転職後に住宅や車のローンなどを組むときに、審査が下りなくなってしまう可能性があります。

 

ローン審査では勤続年数が重要な要素となっており、最低勤続年数に満たなければ門前払いを受けることが多いです。一般的に、勤続年数が2〜3年以上でないと、審査が厳しくなります。

 

ただ、十分な年収があったり、名の知れた有名企業などであれば、転職直後でも融資してくれる金融機関があるようです。

 

しかし、不利になってしまう可能性が高いので、ローンを組むのであれば転職前に審査を済ませておくと良いでしょう。

 

 

転職のメリットについて

 

上記で述べたように、転職によるデメリットは存在します。なので、過剰な期待をし過ぎないことが肝心ですね。

 

しかし、もちろんメリットもあるんです。

 

将来的なメリットのために転職をするわけですから、この内容は押さえるようにしてください。

 

 

主なものとしては、以下の4つが挙げられます。

 

  • 待遇面の向上が期待できる
  • 新しい気持ちで働くことができる
  • 自分のやりたいことを追求することができる
  • 新しい可能性を開くことができる

 

順番に、紹介をしていきます。

 

 

待遇面の向上が期待できる

 

現在の職場の待遇に不満を持っているなら、転職によって解決できる場合があります。たとえば、残業や休日出勤などを無くしたいとすれば、そういった職場を探せば良いわけです。

 

ただ、先述したように、求人票の内容と実態が異なっていることはよくあります。企業としても多くの人材を集めたいので、誇大広告を出すことは少なくありません。

 

 

そういった罠にハマらないためには、転職エージェントを使うと良いでしょう。

 

自分の求める条件を伝えるだけで、キャリアアドバイザーが条件に合った求人を探してくれます。色々な企業の内情に詳しいコンサルタントなので、外からは見えない企業の実態を教えてくれるわけです。

 

なので、待遇改善を求めるのであれば、転職エージェントを利用するのがおススメですね。

 

⇒転職エージェントの人気ランキング

 

 

新しい気持ちで働くことができる

 

同じ職場で何年も働いていると、マンネリ化してしまって刺激が無くなることがあります。いつも変わらないメンバーで同じような仕事をしていれば、自分の中で成長が止まってしまうわけです。

 

そういった状況を打開するために、転職をすることはおススメできます。

 

新しい職場に入れば、それだけで新鮮な気持ちになれます。同じような仕事であっても、環境が変わるだけで見える世界は大きく異なるわけです。だから、自分の成長に繋げることができますね。

 

同業種でも会社が異なれば業務フローが変わりますし、新しい発見があるかもしれません。自分のスキルを違った形で生かせる可能性があるので、メリットは大きいです。

 

心機一転することができますから、それだけでも転職の価値はあると思います。

 

 

自分のやりたいことを追求することができる

 

転職をするということは、自分のやりたい方向性があって、それをトコトン追求したいという思いがあるはずです。企業側も、そういった専門性を買って採用をするわけですね。

 

なので、自分の希望するキャリアを構築しやすいというメリットがあります。

 

自分のやりたい業務や今後の目指す方向性などがあれば、それを叶えるために転職を行いましょう。きっと、自分のスキルを生かすことができる職場があるはずです。

 

 

でも、現在の会社に残るとすると、思いもしない異動が命じられることがあります。

 

全く興味のない部署に異動になったり、地方に転勤となる場合もあるということですね。事務をやっていたのに、いきなり営業職なったりというのはよく聞く話です。

 

また、地方に転勤だと単身赴任になる可能性もあります。家族がいる場合、こういったリスクがあるわけですね。

 

 

しかし、転職をする場合は、こういった悩みをする心配はありません。自分の希望する条件を探せば、キャリア構築も非常に楽になるでしょう。

 

 

新しい可能性を開くことができる

 

何年か会社に勤めていると、その会社の将来性がある程度見えると思います。

 

希望があるのなら良いですが、全く会社の将来が見えない場合、働く意欲が生まれなくなりますよね。不安が募ってくるでしょうし、自分自身の成長も望めません。

 

 

そういった場合に転職を行えば、新しい可能性を開くことが出来ます。

 

今よりも自分の能力を生かせる職場や、これからやりたいことを実現できる職場に転職することが出来れば、将来に希望を見出すことが出来ます。

 

実のところ、これが転職における最も大きなメリットだと思います。

 

 

自分の可能性を求めて新しい職場に移ること。

 

これが、転職のあるべき姿なんですね。

 

ですから、自分の軸をしっかりと持って、仕事をするようにしてください。転職後にしっかりと頑張れば、他にも色々なメリットが生まれるはずです。

 

 

自分のやりたいことや可能性を求めて、行動していきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加