転職にかかる期間はどれくらい?

転職にかかる期間はどれくらい?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職を決意してから実際に新しい会社に入社するまでには、どれくらいの期間が掛かるでしょうか?初めて転職をする場合、大体の期間を知っておかないと不安になってしまいますよね。なので、転職活動を始めてから迷ってしまうことの無いように、大体の目安などを理解するようにしましょう。

 

もちろん、人によって内定をもらえる期間は変わってきますが、平均的には2〜3ヶ月だと言われています。これくらいの期間を見ておくことで、スムーズに転職をすることができるはずですよ。

 

ここでは、転職の期間について詳しく紹介します。

 

転職期間の実情について

 

あるデータによると、初めて転職をする人は内定が決まるまでに、平均で2.1ヶ月ほど掛かるとされています。そして、詳しくデータを見てみると、2週間以内に転職を決めた人が25%も存在していて、3カ月以内に転職が決まった人は全体の78%となっていました。なので、ほとんどの人は3カ月もあれば転職できているということですね。

 

しかし、20%以上の人は、3か月以上の期間が掛かっています。その中でも、半年以上かかってしまった人の割合は、8%ほどとなっています。

 

 

転職期間が長引いてしまうと、精神的に大きなプレッシャーが掛かってきます。そして、生活費なども苦しくなってくるので、どんどん焦りだけが募るという悪循環に陥ります。ですから、出来るだけ短期間で転職が決まるように、しっかりと対策を行うようにしてください。

 

準備期間が全てを決める!

 

上記で述べた期間は、企業に応募を始めてから入社が決まるまでの期間となっています。でも、実際には、それよりも前に転職活動は始まっています。それは、応募先の企業を決める前の段階ですね。

 

しっかりと事前の準備を行うことで、転職活動を円滑に進めることができるようになります。ここで全てが決まると言っても過言ではありませんから、必ず理解するようにしてください。

 

準備期間で行うことは、以下の5つとなります。

 

  • スケジュールを管理する
  • 転職のタイミングを見極める
  • 志望分野を決める
  • 自己分析をする
  • 退職時期の決定

 

スケジュールを管理する

 

先述の通り、新しい会社に内定をもらって転職活動が終わるには、3か月程度の時間が掛かってしまいます。なので、それを逆算して必要なスケジュール設定を行っておきましょう。

 

応募先の選定や企業研究、今の仕事の引き継ぎなど、やるべきことは非常に多いです。あらかじめ大まかなスケジュールを決めておかなければ、スムーズに転職活動を進めることができません。

 

途中で迷うことの無いように、作業ごとに必要な日数を想定しておいてください。

 

 

転職のタイミングを見極める

 

いち早く内定を決めたいのであれば、求人が多い時期を狙うのが効果的です。業種によって差はありますが、企業が求人を出す時期は大体決まっています。一般的には、3〜4月や9〜10月に多くなる傾向にありますね。

 


一般的には、3〜4月や8〜10月くらいに求人が増える傾向にあります。これは、上半期と下半期の切り替わる時期なので、ここで転職者が多くなるからですね。そのため、この時期を狙って転職活動を行えば、良い会社に出会えるかもしれません。

 

引用:初めての転職の前に意識するべきこと

 

なので、この時期に転職活動を始めると、企業も積極的に内定を出してくれるはずです。

 

 

一方、新年度が始まる4月や年末が近い12月などは、求人数が一気に少なくなります。一年中求人を募集している会社であっても、この時期の採用は厳しくなっていますね。ですから、デキるだけ避けるようにしてください。

 

業界によって求人を出す時期は異なる可能性があるので、自分の目指す業界の動向を調べておくと良いでしょう。

 

 

志望分野を決める

 

まず、自分がどの分野で転職をするのかを決める段階です。志望業界の求人の数や応募条件などを確認して、自分が勝負できるかを判断します。その業界で働いている友人に話を聞いたり、可能な限り情報を集めなくてはいけません。

 

 

自己分析をする

 

自分を客観的に見て、強みや弱みを明確にしていきます。今までの職歴や持っているスキル、今後のビジョンなどを洗い出していきましょう。そして、志望先で評価されるように自分を演出します。

 

そのためにも、業界で求められている人物像や採用基準などを調べておくことが大切です。

 

 

退職時期の決定

 

上司への報告や業務の引継ぎなど、退職時にはやるべきことがたくさんあります。業務の状態によってはすぐに退職できない場合もありますから、前もって上司と相談をして退職の時期を決めておく必要があります。

 

また、転職活動時の生活資金なども、しっかりと計算して把握しておいてください。

 

 

個人で転職活動を行う際の期間について

 

最初に、企業へ応募書類を送ることからスタートです。一般的に、企業が求人広告を出すと、100通以上の応募書類が届くそうです。その中から書類選考が始まるので、応募数が多いほど選考に時間かかることになります。この時点で、2〜3週間はかかると思った方が良いでしょう。

 

そして、書類審査を通過したら面接となります。仕事をしながらの転職活動だと、スケジューリングで苦労することがあります。特にデスクワークがメインの仕事であれば、外に出られないので有給などを使って面接に行かなくてはいけません。

 

面接は2〜3回行われますので、すべてスムーズに進めば1か月程度で終わるでしょう。ただし、スケジューリングが上手くいかなければ、3か月程度は見ておいた方が良いかもしれません。

 

内定が決まったら入社となります。ここで、仕事を辞めていないなら退職の手続きが必要ですから、業務の兼ね合いで数か月掛かってしまうこともありますね。個人で転職活動を行う場合、スケジュール管理がカギとなりますから、出来るだけフットワークを軽くするようにしましょう。

 

 

転職エージェントなどで転職活動を行う場合

 

転職エージェントを活用すれば、かなりスムーズに審査が進むことになります。キャリアアドバイザーが企業の担当と連絡を取り合ってくれますから、優先的に審査をしてくれたりするわけです。なので、書類審査であれば1週間以内に結果が出ることが多いです。

 

そして、面接などもエージェントがスケジュールを設定してくれるので、最短の日程を組んでくれます。夜遅くや休日のスケジュールにも対応してくれることがありますから、自分の都合の合う日時を設定してもらいましょう。こういった対応をしてくれるので、遅くても1カ月以内には最終面接まで進めるはずです。

 

さらに、内定が決まったら、円満に会社を退職できるようにサポートなどもしてくれます。こういった対応をしてくれますから、転職期間を最短に抑えることが可能です。なので、出来ればエージェントを使った方が良いと思います。

 

当サイトでは、人気の転職エージェントを比較しているので、参考にしてみてください。

 

 

希望する企業が複数あるなら、同時進行で応募する

 

転職活動を行う上では、複数の企業へ同時に応募するのが基本となります。一つずつ対応していたのでは時間が掛かりすぎますし、1社に内定が出たとしても他の会社が気になって迷いが生じてしまいます。

 

だから、2〜3社くらいは同時に応募するようにしましょう。面接の対応などで忙しくなりますが、満足のいく転職をするためには仕方のないことです。一人で管理しきれない場合は、転職エージェントを使うようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加