転職を有利に進めるための小技を紹介

転職を有利に進めるための小技を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職をしたいと思っても、やみくもに行動してしまっては失敗の可能性が高いです。特に、初めての転職であれば、勝手が分からないために不安になりがちですよね。なので、少しでも転職活動を有利に進めるために、知識を付けておいてください。

 

どのタイミングで転職をするかや企業との交渉方法は、知っておいて損のないことです。自分の一生を左右する問題なので、慎重に進めるようにしましょう。

 

ここでは、転職活動を有利に進める裏ワザを紹介しています。

 

季節によって差はあるのか?

 

もしも、転職をするのであれば、早い方が良いですね。年齢が若い方が有利ですし、今の仕事に情熱を持てないのなら、すぐにでも転職した方が良いでしょう。しかし、時期によって、求人広告の量が変わってくるのも事実です。

 

一般的に、3〜4月や9〜10月などは、決算の前後なので求人数が急増する傾向にあります。人の入れ替わりが激しい時期なので、これに合わせて転職をするのも賢い手だと思います。

 

ただし、求人数が多くなる半面、転職者も多くなりますからライバルが増えてしまうかもしれません。なので、競争率が高くなってしまうというデメリットもあります。

 

詳しくは、「求人情報が多い時期とは?」でも解説しています。

 

転職に成功しやすいタイミングとは?

 

転職をするタイミングも、かなり悩むべきところですよね。そのタイミングというのは、人によって変わるので明確な答えがありません。しかし、共通して言えることは、さらなるステップを目指すときだといえます。

 

今の会社で仕事をしていて、これ以上学びが無いと思ったら転職をしましょう。つまり、さらに高度な仕事を目指して転職をするわけです。そうすれば、転職の志望動機としても納得できるものですから、採用担当者の心に響くアピールをすることができます。

 

しかし、仕事が面白くないとか人間関係が嫌だなどと言った理由だと、転職はしないほうが良いでしょう。そういったネガティブな理由で退職すると、何度も癖になってしまいがちです。面接のときにも言い訳できなくなるので、転職にも失敗する可能性が高くなります。

 

なので、さらなる飛躍を目指して転職をするようにしてください。転職のタイミングについては、こちらのページでも解説しています。

 

転職を有利に進める交渉について

 

最近だと、転職エージェントを活用することが一般的となりました。非公開の求人を紹介してくれたり、企業とのコネクションにより優先的に審査してくれるなどのメリットがあります。なので、積極的に使った方が良いですね。

 

そして、エージェントを効率良く活用するために、「良い転職ができたら、優秀な人材を紹介します」と伝えておきましょう。そうすれば、エージェント側も良好な関係を築こうとしてくれますから、手厚いサポートを受けられる可能性が高いです。

 

転職のプロですから、関係性を作っておいて損はありません。

 

 

また、企業との面接の際には、他社とも話が進んでいることを匂わせた方が良いですね。そうすれば、企業も採用しようと有利な条件を出してくれることがあります。転職活動においては、複数の企業に応募するのは普通です。なので、有利な駆け引きを行うためにも、戦略的に交渉を進めるようにしてください。

 

目を引く応募書類を書くために

 

企業に応募するためには、履歴書職務経歴書を作成しなくてはいけません。ネットで検索をすれば、色々なサンプルが出てきますから、それを参考にして書いてみてください。そして、周りの応募者と差をつけるために必要なのが、自分の強みについてです。

 

「他人と比べて、自分がどのように優れているのか?」「会社に入ってから、どのように活躍できるのか?」といったことですね。これを明確に分かりやすく記載することで、採用担当者の目を引く書類となります。

 

ですから、しっかりと自己分析を行って、自分の強みと弱みを明確にするようにしてください。日本人は謙虚であることが美徳とされているので、自己アピールが苦手であることが多いです。ですが、アピールしないと話になりませんから、自己分析を徹底して行いましょう。

 

 

 

以上、転職活動を有利に進める方法を紹介しました。単純なことですが、知っているかどうかで結果が大きく変わってくるはずです。転職を成功させるために、ぜひとも意識をしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加