転職で年収をアップさせる秘訣とは?

転職で年収をアップさせる秘訣とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職をする理由として、年収アップを掲げる人は多いです。しかし、景気があまり良くありませんから、転職したとしても年収が上がるとは限りません。それどころか、以前よりも下がってしまうこともあるようです。

 

企業としてもコストを減らしたいわけですから、ちゃんとしたメリットが無ければ年収を上げたりはしないでしょう。なので、事前に対策を考えておく必要があります。

 

ここでは、年収をアップさせるための秘訣を紹介します。

 

年収がアップしている人の特徴とは?

 

あるデータによると、転職で年収をアップさせている人には特徴があるようです。まず、年齢に関してですが、20代後半で年収アップさせている人が多くなっています。新卒で入社してから、どれだけのスキルを身に付けているかが重要ですね。

 

ただし、年収アップの人数は20代後半が最多ですが、アップの幅としては30代前半の方が高くなっています。30代に入ってくると管理職に就く人も増えるので、そういった事情から年収が上がっているのかもしれません。

 

 

そして、業種としては、「営業職」と「エンジニア職」が年収アップしやすいといえます。営業であれば、評価制度やインセンティブがありますから、実力次第ではかなり高い報酬を得ることが可能です。また、エンジニア職では、専門スキルのニーズがあるので、高いスキルを持っていればそれだけ報酬もアップしやすいです。

 

会社の規模としては、上場企業よりも非上場企業の方が多くなっています。上場企業だと年功序列の文化が残っていたりするので、中小の非上場企業の方が年収は上がりやすいといえますね。

 

 

年収をアップさせるための会社の選び方とは?

 

明確な目標を立てる

 

まず、年収を上げたいのであれば、具体的にいくら欲しいのかを明確にしましょう。500万円とか600万円とか、自分の目指す年収を数値化してください。それを目安に、転職活動を進めていくことになります。

 

 

給与テーブルの高い会社を選ぶ

 

企業によって、従業員の給与テーブルは決まっています。勤続年数や年齢、役職などに応じて、もらえる給料が決まっているんですね。なので、今の会社よりも給与テーブルの水準が高い会社に転職をすれば、おのずと年収はアップするはずです。

 

外部から給与テーブルの水準は分かりにくいですが、別の会社の知り合いや口コミ情報、転職エージェントなどから情報を集めるようにしてください。

 

 

評価制度やインセンティブ

 

実力重視の会社であれば、独自の評価制度やインセンティブが用意されています。なので、結果を出せば、それだけ給料にも反映されていきます。実績を出し続けなければ高収入は維持できませんが、青天井で収入を目指せるメリットがあります。

 

そういった意味では、ベンチャー企業の方が良いですね。結果を出せば、給与にも反映されやすくなっています。なので、専門的に特化したスキルを持っているのであれば、そういった会社を選択するのが良いでしょう。

 

 

福利厚生や諸手当

 

給与がそんなに高くなくても、補助金などが充実している会社もあります。例えば、住宅手当や家族手当、皆勤手当などです。これらの支給は年間でかなりの金額になるので、実質的に年収がアップしたのと同じことですね。

 

ですから、そういった手当が充実しているかも調べておいた方が良いでしょう。

 

 

経営状況の良い会社を選ぶ

 

転職時には、その会社の経営状態にも注意しておいてください。経営が良好な会社であれば、賞与などにも反映されますし年収アップに貢献できます。しかし、経営が思わしくない会社だと、賞与がカットされたりするリスクがあります。

 

見るべき指標としては、「従業員一人あたりの売上高」ですね。これは、以下の公式で求めることができます。

 

売上高÷2期平均の従業員数

 

これによって、従業員一人がどれだけの売上を上げているのかが分かります。この数値が高いほど、給料がアップする可能性が高いということです。

 

年収アップのための応募書類・面接の攻略法

 

応募書類では、価値のある人材をアピールする

 

年収をアップさせるには、「高い報酬を払っても欲しい人材」だと企業に思ってもらう必要があります。そのために、職務経歴書には、これまでの職歴や持っているスキルなどを具体的に書くようにしてください。ダラダラと長い文章だと読みづらいので、分かりやすく端的に書くのがコツです。

 

また、成功例だけでなく、失敗事例とその時の対処法などを書くことで、臨機応変に対応できる人材だとアピールできます。しっかりと自分を客観視してスキルの棚卸しをすれば、自分の強みを効果的に伝えることが可能ですよ。

 

 

年収アップの根拠を明示する

 

企業の立場として考えると、根拠が無ければ高い報酬を出したりしません。だから、年収アップを望むのであれば、高い報酬を払うだけのメリットを企業に提示する必要があります。ちゃんとした理由があれば、企業も喜んでお金を出すでしょう。

 

通常、希望年収については、一次面接で質問されることが多いです。なので、これまでの実績を提示して、どれだけ会社に貢献できるかをアピールするようにしてください。自分の優位性を明確に証明できれば、年収アップは意外と簡単ですよ。

 

 

 

以上、年収をアップさせるための秘訣を紹介しました。何の対策もせずに年収を上げることは難しいです。自分の将来が掛かっていることですから、ちゃんと対策をして年収を高める工夫をしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加