第二新卒や若手が転職でアピールすること

第二新卒や若手が転職でアピールすること

このエントリーをはてなブックマークに追加  

社会人経験の浅い第二新卒や若手が転職をするときには、どんなことに気を付ければ良いでしょうか?キャリアが少ないわけですから、目立った実績が無いことがほとんどです。なので、独自のアピールポイントを見つけないといけません。

 

周りの応募者と差をつけるためにも、コツを知っておくようにしてください。そうすれば、転職活動もスムーズに進めることができるでしょう。

 

ここでは、第二新卒や若手が転職でアピールするコツを紹介します。

 

第二新卒と若手の定義とは?

 

まず、「第二新卒」や「若手」とは、どういった人たちを指すのでしょうか?ここに明確な定義は存在しませんが、一般的には社会人1〜3年目を第二新卒と呼びます。そして、30歳未満のビジネスパーソンを若手と呼ぶようです。

 

こういった若い世代の人材は、どこの企業でも必要とされているので求人の数が多いです。そして、その分ライバルも多くなっているので、的確にアピールできるように準備をする必要があります。

 

評価されるポイントについて

 

企業の担当者は、若い人材を採用するときに、どんなポイントを見ているのか。基本的に、キャリアが少ない人材ですから、特殊なスキルを持っていないことが多いです。なので、即戦力というよりは、今後の将来性を期待したポテンシャル採用を行います。

 

なので、入社後にどれだけ成長が期待できるかということですね。そのために、以下のようなポイントをチェックするようです。

 

  • 社会人としての基本マナーを身に付けているか
  • 前向きな考え方をしているか
  • すぐに辞めないか
  • 他人の意見を聞く素直さがあるか
  • 新しい環境に馴染めるかどうか

 

素直さがあって、自社のカラーに染まりやすい人は、採用されやすいといえます。なので、今後の成長性を期待させるように、面接ではアピールするようにしてください。

 

面接では何をアピールするのか

 

仕事への意欲や熱い思い

 

転職活動のすべてに言えることですが、前向きな意欲が無いといけません。やる気が無さそうな態度だと、それだけで評価は下がってしまいます。なので、説得力のある志望動機や将来のキャリアビジョンを語るようにしましょう。

 

具体的には、自分の将来やりたい事と志望動機をリンクさせることが大切です。「○○の分野を身に付けたいので、御社を志望しました」という形でつなげるわけです。そうすることで、説得力のある志望動機を語ることができるでしょう。

 

 

基礎的なビジネススキル

 

社会人として常識的なスキルは、必ず持っておく必要があります。これすらも身に付いていないなら、学習意欲の低い人間だと思われます。なので、社会人とし恥ずかしくないようなスキルを持っておくようにしましょう。

 

具体的には、上司に対する報連相や行動の反省や改善を繰り返すPDCAサイクルなどのスキルが含まれます。また、コミュニケーション能力も必要となりますね。なので、それらのスキルを証明する過去のエピソードなどを用意すると良いでしょう。

 

 

過去の成功や失敗の体験

 

過去に経験した成功や失敗体験は、有効なアピールポイントです。成功体験は、どんな時に、どんな対策をして成功したのかを話すことで、自分の実績として伝えることができます。一方、失敗体験は、その失敗から何を学んで、現在どのように生かしているかを語ることで、自分の学習能力をアピールすることができます。

 

自分のエピソードとして語ることができるので、説得力を持たせることができるでしょう。

 

 

転職理由と退職理由

 

第二新卒や若手の場合、キャリアが浅いままで転職することになります。なので、退職理由について、詳しく追及されることがあります。ですから、そこを突かれても答えられるように、あらかじめ回答を準備しておかなくてはいけません。

 

ただし、ネガティブな理由を隠しても、不自然だからバレてしまいます。なので、ネガティブ理由は隠さずに伝えて、それを補うほどのポジティブな理由を用意しましょう。そうすることで、入社への意欲をアピールすることができます。

 

 

 

以上のように、第二新卒や若手の人は、アピールポイントを知っておきましょう。ベテラン社会人と比べて、強みとなるスキルが少ないです。なので、自分の将来性を期待させることで、周りと差別化できるように心掛けてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加