求人サービスを使い分けよう

求人サービスを使い分けよう!転職サイトや転職情報誌など

このエントリーをはてなブックマークに追加  

世の中には、色々な求人情報サービスが存在しています。でも、どれを使えば、効率よく転職先を見つけることができるでしょうか?

 

もちろん、すべてをフル活用すれば、理想の求人を見つけやすくなるでしょう。でも、限られた時間の中で、全部を使うのは不可能ですよね。特に、仕事をしながらの転職だったら、時間も限られています。

 

ここでは、それぞれのサービスの特徴を紹介するので、自分に合った方法を選択してみてください。

 

 

転職情報サイト

 

まず、転職を考える人が一番多く活用しているのが、「転職情報サイト」です。各社が色々なサイトを運営しており、大手だと「リクナビNEXT」や「@type」、「DODA」などがあります。インターネットがあれば誰でも手軽に見ることができるのが特徴で、数千件の求人情報を調べることが可能です。

 

そして、転職サイトにも2つの種類があって、「直接応募」と「スカウトサービス」に分けられます。

 

 

直接応募

 

直接応募とは、求人情報を調べて自分で企業に応募するタイプです。条件を指定すれば、自分の希望に合った求人情報を検索することができます。条件が細かいほどピンポイントで検索できますから、色々調べてみてください。

 

そして、求人情報は鮮度が命となりますから、公開されたら出来るかぎり早く応募することをおススメします。条件の良い求人ほどすぐに埋まってしまうので、新着情報はマメにチェックするようにしましょう。新着求人メールに登録しておけば、新しい情報を随時メールで送ってくれますから活用してみてください。

 

 

スカウトサービス

 

スカウトサービスとは、サイトに自分の職歴などを登録しておき、企業からの問い合わせを待つタイプです。職務経歴や自己PRなど詳細な情報を登録できますから、出来るかぎり細かく記入するようにしてください。

 

それを見て企業がアプローチしてくれるので、書類審査が自動で通過したことになります。こまめに求人情報をチェックする余裕がない人は、スカウトサービスを利用してみると良いでしょう。自分の思いもしなかった企業と出会える可能性があるので、使ってみる価値はあると思います。

 

しかし、企業からの連絡を待つという受け身の方法ですから、すぐに転職先が見つからないというデメリットもありますので注意してください。

 

 

求人サイトにおいては、企業はお金をかけて求人広告を掲載しています。なので、積極的に転職者を求めているということです。なので、採用率も高めとなっており、内定をもらえる確率が高いでしょう。

 

なので、求人情報を探すのであれば王道と言える方法ですね。

 

転職エージェント

 

転職方法として2番目に人気なのが、転職エージェントを利用する方法です。キャリアアドバイザー(CA)と呼ばれる専門家が、求職者の希望に合う求人情報を提供してくれます。転職エージェントで扱っている求人の多くは「非公開求人」と呼ばれるもので、通常の転職サイトなどには掲載されていない求人です。

 

大手からベンチャー企業まで様々な業種と契約して求人を集めているので、一般人が知りえない求人情報を持っています。また、CAは企業の採用担当とマメにコミュニケーションを図っていますから、社内の人間関係や労働環境などに非常に詳しいです。

 

なので、自分だけで転職活動を行うよりも、圧倒的に多くの情報を仕入れることができます。利用は無料ですから、ぜひ利用してみてください。

 

 

企業側からすれば、求人を募集するときにコストが掛かりません。しかし、採用が決定するとコストが発生するので、採用には慎重になる可能性があります。でも、企業の求めるスキルを持っていれば、かなりの高待遇で入社することができます。

 

なので、キャリアアップを狙っているのであれば、エージェントを積極的に活用するべきです。

 

転職情報誌

 

転職情報誌は求人情報を集めた雑誌で、書店などで販売されている有料のものと駅などで配布している無料のものがあります。未経験OKや異業種からの転職が可能な企業などが多く掲載されていますし、契約社員やアルバイトなど多様な種類の求人情報があります。

 

転職サイトや転職エージェントに比べると、利用者が少ないのが転職情報誌です。しかし、ネット上では載っていない情報を得られる可能性もあり、利用する価値は十分にあります。地域に特化した情報誌などもありますから、地方での転職には有利かもしれません。

 

定期的に、目を通しておくことをおススメします。

 

企業のホームページ

 

目当ての企業があるのなら、その企業のホームページを覗いてみてください。そこに、求人情報が記載されていることがあります。募集期限を設けずにスキルの高い人材を求めている傾向にあるので、今までのキャリアが活かせそうなら応募してみると良いでしょう。

 

企業からすると採用コストが無いので、条件が合えば積極的に採用してくれます。

 

ハローワーク

 

失業者が転職活動するうえでは、一般的な方法ですね。その地域の求人が集められていますから、地方などでの転職に向いています。また、企業はハローワーク経由で採用すると、国から補助金が下りることもあります。

 

なので、ハローワークから採用する企業も多く、すぐに内定が決まるかもしれません。

 

転職イベント

 

また、別の方法としては、「転職イベント」に参加するのも有効です。定期的に開催されているイベントで、色々な企業がブースを出展していますから採用担当者と直接話すこともできます。大手から中小企業まで多くの企業が参加するので、かなりの情報を集めることが可能です。

 

そして、自分の経歴などを記入したカードなどを渡しておくことで、後で企業からスカウトされる場合もあります。担当者と話せば職場環境などを知りやすくなりますから、かなり有益なイベントだと言えるでしょう。

 

年に数回しか行われませんから、日程が合えば参加してみてください。

 

 

以上のように、転職方法には色々な種類がありますから、自分に合った方法を選択するようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加