転職エージェントについて

転職エージェントとは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

転職エージェントって、一般には聞きなれない言葉ですよね。どういう存在なのか、知らない人も多いと思います。私も何度か転職の経験がありますが、最初は転職エージェントの存在を知りませんでした。

 

でも、使ってみると非常に便利なサービスですし、もっと早く出会いたかったと思ったほどです。転職活動の効率を上げて理想的な求人を見つけるためには、必須のサービスだといえます。これから転職を考えている人は、ぜひ使ってみてください。

 

ここでは、転職エージェントの実態について解説をします。

 

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

 

転職を考えた時に最初に思いつくのが、転職サイトの存在ですよね。有名なところでは、「リクナビNEXT」などがあります。誰でも一度くらいは、求人情報を検索したことがあるでしょう。

 

膨大な量の求人が掲載されているので、自分の求める条件に合った企業を探すことができます。空いた時間に手軽に調べられますから、非常に便利なサイトですね。

 

 

一方、転職エージェントは、全くアプローチが異なるものです。

 

転職エージェントとは、分かりやすく言うと「人材紹介業」ということになります。つまり、転職したい求職者と人材が欲しい企業のマッチングをする会社です。キャリアカウンセラーと呼ばれる専門家が、求職者のスキルや希望を考慮して最適な求人を紹介してくれます。

 

しかも、扱っている求人の多くは「非公開求人」と呼ばれるものです。これは、一般の転職サイトなどには掲載されていないシークレット案件のことです。なので、自分一人では見つけることができない求人と出会うことができ、選択の幅が広がります。

 

 

なぜ、非公開の求人があるのか?

 

普通の企業は、新規事業の立ち上げや管理職クラスの求人を募集する場合、大々的に広告を出したりしません。なぜなら、ライバル会社に自社の動向がバレるからです。ですから、そういった秘密で人材を確保したいときに、転職エージェントで募集をかけていきます。

 

基本的に、条件の良い求人は非公開になっているので、転職エージェント経由でしか応募できないケースが多いです。

 

 

転職活動のサポートもしてくれる

 

他にも、面接のスケジュールを組んでくれたり、採用されるコツなどのアドバイスも受けることが出来るんです。キャリアカウンセラーは転職活動のプロの人たちですから、そういった専門家の意見を聞くことで内定がもらえる確率も高くなります。

 

転職サイトだと求人の検索から応募まで、すべて自分で行わなくてはいけません。仕事をしながらだと時間が無いでしょうから、思うように転職活動を進められないことがあるわけですね。

 

だから、時間が無い人ほど転職エージェントを活用するべきだといえます。

 

 

サービスはすべて無料

 

転職エージェントでは、先述のようなサービスを全て無料で行ってくれるんです。

 

無料と聞くと怪しいと思うかもしれませんが、転職エージェントへの報酬は企業が支払う仕組みとなっています。つまり、企業側が「こういう人材を集めてください。」と依頼することで、エージェントは手数料を取っているということです。

 

なので、求職者側には、1円のコストもかかりません。

 

無料で転職をサポートしてくれるわけですから、使わない理由が無いでしょう。そのため、登載では転職エージェントの活用をおススメしています。

 

 

転職エージェントの3つの形態

 

転職エージェントは、大きく分けて3つに分類されます。

 

  • 一般紹介型
  • サーチ型
  • アウトプレースメント型

 

一般紹介型

 

これは、求人企業と求職者を集めて、それぞれの条件に合致する組み合わせでマッチングするサービスです。大多数の転職エージェントが、この型式となります。お互いのニーズがマッチしやすいので、高い確率で内定が決まるというメリットがあります。

 

 

サーチ型

 

サーチ型とは、求人企業の依頼を受けて、最適な人材を探し出してスカウトするサービスです。一般的に、ヘッドハンティングと呼ばれている形式ですね。マネージャーなどの管理職や役員クラスの人材に対して、アプローチが来る場合が多いです。

 

 

アウトプレースメント型

 

アウトプレースメント型は、リストラの対象となった人材に対して再就職のサポートを行うサービスです。カウンセリングや求人紹介などを行って、転職のアドバイスなどをしていきます。

 

 

普通の人が利用できるのは、「一般紹介型」のみとなっています。通常、転職エージェントと言えば、一般紹介型のことを指します。当サイトでも、一般紹介型について解説をしています。

 

身近になった転職エージェント

 

転職エージェントが増え出したのは、1997年の規制緩和がキッカケだと言われています。規制緩和によって、港湾運送業務と建設業務以外のすべての職業をエージェントが扱えるようになりました。なので、それ以降、エージェントの数は急速に拡大しています。

 

厚生労働省の調べでは、2013年の時点で16,613件の職業紹介事業所があるそうです。これは、ものすごい数ですよね。大多数は、小規模で行っているエージェントとなっています。しかし、非公開求人の多くは大手のエージェントが独占しているので、大手に登録しておけば間違いないでしょう。

 

就職難だと言われいている現在ですが、契約社員や派遣社員でもエージェントを利用して正社員に転職するケースも多くなっています。若くてキャリアが浅い人でも色々な求人がありますので、転職希望の人は利用してみましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加